BDIHとはAbout BDIH

オーガニック

ドイツには、オーガニック認定機関としてBDIHがあります。BDIHとは直訳すると「ドイツ化粧品医薬品商工業企業連盟」の略であり、その名の通り、化粧品と医薬品のオーガニック認定を行っています。この化粧品医薬品商工業企業連盟は、現在は、80以上のメーカーが参加しており、それぞれオーガニック製品に関係する企業として活動しています。

この機関のオーガニックコスメ認定ガイドラインに、「コントロールド・ナチュラル・コスメティック」という基準があります。19社のメーカーが合同で考案し、BDIHがアドバイザーとして参加して制定された基準で、エコ大国であるドイツの認定基準として注目を集めています。

化粧品がこの基準に適用されてオーガニック認定されるには厳しい条件がそろっています。 製品に含まれる原料に関する部分では、入手できる範囲のものであればすべての原料を有機作物、または野生植物から抽出したものを使用すること、防腐剤や香料は自然原料であること、遺伝子組み換え作物や放射線操作された作物を使用しないこと、指定した以外の合成成分を使用しないことなどの条件があります。

製品の開発や、その他の条件においては、開発時の動物を使用した実験の禁止、野生植物を採取するときは環境破壊にならないよう検査すること、製品が100%自然に帰依する設計であること、製品の容器がリサイクル可能であることなど、すべてが環境に配慮がみられる基準設定となっています。そして、製品だけでなくそれらを取り扱うメーカーの取り組みにも条件があります。

オーガニック

その条件とは、製品の情報公開とその表記を正確なものであるよう徹すること、第三世界とのフェアトレードに努めること、人体に毒性のないことの確認と証明をすることなど、メーカーの在り方や消費者などへの対応について厳しい基準が設けられています。

これらのオーガニック製品に関する認定基準を満たしているかどうかは、第三機関が厳密に検査し調査をているため、その信頼性はかなり高いものとなっています。そうしてオーガニックと認定されたコスメ(化粧品)には、BDIHが発行している認定マークの表示が許可されて、安全性やエコの観点で信頼でき、安心できる製品として認められるわけです。


オーガニックシャンプー 商品ラインナップOrganic shampoo commodity lineup.

オーガニック

100%植物由来の心地良い使い心地は、ハリウッド女優やモデルなど、セレブ間でも大人気となっています。

詳細はこちら
オーガニック

こだわりのオーガニックハーブの香りや天然植物の有効成分を、惜しみなく全製品に詰め込んでいます。

詳細はこちら
オーガニック

オーガニック植物成分や天然精油を使用してるので、髪や頭皮をいたわりながら、やさしく洗いあげてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

多糖類や8種類もの天然アミノ酸を配合し、何と!顔も洗えるという、高品質のオーガニックシャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

頭皮を健やかに保ち、厳選された保湿成分が、髪の内部まで浸透し、しっとりと、うるおう髪へ導いてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

植物の力(オーガニック)やアロマセラピーの考え方によって作られた、高品質な自然派シャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

髪の成長を促進し、細く弱った髪に活力を与えるのに有効な、様々な天然植物成分が配合されています。

詳細はこちら


【オーガニック】 定義 語源 意味 基準 農法 安全性 ロハス 赤ちゃん サロン コンシェルジュ アドバイザー コスメ協会 コーディネーター マスターオーガニックコーディネーター

【オーガニック植物成分】 シアバター セージ ラベンダー ミント ダマスクローズ シャボン草 ネロリ マリーゴールド メリッサ レモン レモンバーベナ ハチミツ(蜂蜜) ミツロウ(蜜蝋) ベルガモット

 モモ(桃) ブドウ オリーブ アロエベラ 【オーガニック認定機関】 JAS ACO BDIH エコサート ネイトルー コスメビオ デメター 【オーガニックシャンプー成分】 使われる成分 1 使われる成分 2

【オーガニック製品】 原材料 香料 整肌成分 コスメ コットン オイル 化粧品の選び方 防腐方法 洗浄成分 【栽培】 無農薬 有機 【無添加】 無添加とは