コスメビオとはAbout cosmebio

オーガニック

フランスのオーガニック認定機関にエコサートというものがあります。ここでは食品や加工品など多くのものがオーガニック認定されていて、現在、最大のオーガニック認定機関として活動しています。この機関が定める基準のうち、オーガニックコスメについての基準にコスメビオがあります。

エコサートの基準では、一部を除けば厳しくないものが多いですが、コスメビオなどの化粧品部門ではとても厳しい基準が設けられています。コスメビオの基準に基づきオーガニックコスメと認定されるには、加工後の完成品に含まれる原料が95パーセント以上自然原料であること、残りの原料が指定以外の化学原料でないこと、商品の原料の10パーセント以上がオーガニックであること。

植物原料は95パーセント以上オーガニックであること、イオン化処理の禁止、化学香料は禁止などの細かい基準が設けられています。また、リサイクル可能な製品容器を使用することや、動物実験の禁止、基本情報公開や製品の成分比率の表記義務、エコサートフェアトレードに準ずることなど、企業の取り組みについても厳しい条件づけがされています。

これらの厳しい条件をクリアしているか、そして、認定するにふさわしいかなどについては、中立の審査員たちによってより厳しく審査されます。そのため、コスメビオ(COSMEBIO)に認定されたコスメは、世界でも有数の安全性と信頼度を誇るものとなっています。なお、コスメ関連でエコサートの認定基準にはもう一つ、コスメエコ(COSMEECO)があります。

オーガニック

コスメエコの設定する基準では、商品の95パーセント以上が自然原料であること、化学香料や保存料の不使用、オーガニック原料が5パーセント以上含まれること、植物原料の50パーセント以上がオーガニックであることなど、コスメビオと似通った基準となっています。

2つの基準を分かりやすく説明しますと、コスメビオは「エコロジーとオーガニック」の観点から審査される基準で、コスメエコは「エコロジー」の観点からだけ審査された基準ということになります。そのため、健康面での安全性を意味するオーガニックコスメを購入するときは、コスメビオの認定をされた化粧品を選ぶと、まず間違いはないと思います。


オーガニックシャンプー 商品ラインナップOrganic shampoo commodity lineup.

オーガニック

100%植物由来の心地良い使い心地は、ハリウッド女優やモデルなど、セレブ間でも大人気となっています。

詳細はこちら
オーガニック

こだわりのオーガニックハーブの香りや天然植物の有効成分を、惜しみなく全製品に詰め込んでいます。

詳細はこちら
オーガニック

オーガニック植物成分や天然精油を使用してるので、髪や頭皮をいたわりながら、やさしく洗いあげてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

多糖類や8種類もの天然アミノ酸を配合し、何と!顔も洗えるという、高品質のオーガニックシャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

頭皮を健やかに保ち、厳選された保湿成分が、髪の内部まで浸透し、しっとりと、うるおう髪へ導いてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

植物の力(オーガニック)やアロマセラピーの考え方によって作られた、高品質な自然派シャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

髪の成長を促進し、細く弱った髪に活力を与えるのに有効な、様々な天然植物成分が配合されています。

詳細はこちら


【オーガニック】 定義 語源 意味 基準 農法 安全性 ロハス 赤ちゃん サロン コンシェルジュ アドバイザー コスメ協会 コーディネーター マスターオーガニックコーディネーター

【オーガニック植物成分】 シアバター セージ ラベンダー ミント ダマスクローズ シャボン草 ネロリ マリーゴールド メリッサ レモン レモンバーベナ ハチミツ(蜂蜜) ミツロウ(蜜蝋) ベルガモット

 モモ(桃) ブドウ オリーブ アロエベラ 【オーガニック認定機関】 JAS ACO BDIH エコサート ネイトルー コスメビオ デメター 【オーガニックシャンプー成分】 使われる成分 1 使われる成分 2

【オーガニック製品】 原材料 香料 整肌成分 コスメ コットン オイル 化粧品の選び方 防腐方法 洗浄成分 【栽培】 無農薬 有機 【無添加】 無添加とは