エコサートとはAbout ecocert

オーガニック

フランスにあるオーガニック認定機関にエコサートがあります。エコサーとでは、数多くの有機農業者を認定し管理するほかに、有機農家から出荷された有機作物を加工する業者にも関与しています。この機関に関与している業者は、有機農家などの生産者で7000件以上、有機作物を加工、オーガニック製品として扱う企業が参加しています。

この機関はフランスのみならず、約20ヶ国の国に支部を置き、フランスのトゥドゥールを本部に、ドイツのエコサートインターナショナルが統括し経営されてます。機関のオーガニック認定基準を設定した関係者は、農業と食品化学、環境学を専攻する研究者や技術者たちで構成されています。

ECOCERT(エコサート)では、食品やコスメなどの原料となる作物、また、コットン等の日用品に使用する材料などの様々なジャンルにおいて認定基準を設けています。それらの有機作物がオーガニック認定されるには、土壌検査、栽培中の化学製品の不使用、収穫時の管理体制などのチェックがされ、基準を満たしたものだけが認定されます。

そして、認定された後も年に1回のチェックが入り、施設の状態や、生産体制を審査されます。エコサートは世界最大のオーガニック認定機関であるため、これらの基準は世界基準として信頼されているため、ベルギーに本部をおく、オーガニック認定機関 ネイトルーに代表されるように、各国が新しくオーガニック認定基準を作る際によく参考とされています。

オーガニック

このように各国で信頼されるエコサート基準ですが、実際のところ、コスメビオなどの化粧品関連部門以外では、基準が特別厳しいというわけではなく、条件の厳しさはごく一般的です。しかし、それでも世界基準とされる理由は、基準が平均的であっても認定されることが難しいからです。

有機認定をする審査員たちは、設定された基準以外にも様々な点で審査しています。たとえ基準を満たしていても、その業者に信頼の欠ける部分が少しでもあればオーガニック認定をすることはありません。その独立性や、中立の立場を揺るぎ無いものとしていることからも、オーガニックコスメ認証機関として、エコサートの信頼性は評価されているのです。


オーガニックシャンプー 商品ラインナップOrganic shampoo commodity lineup.

オーガニック

100%植物由来の心地良い使い心地は、ハリウッド女優やモデルなど、セレブ間でも大人気となっています。

詳細はこちら
オーガニック

こだわりのオーガニックハーブの香りや天然植物の有効成分を、惜しみなく全製品に詰め込んでいます。

詳細はこちら
オーガニック

オーガニック植物成分や天然精油を使用してるので、髪や頭皮をいたわりながら、やさしく洗いあげてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

多糖類や8種類もの天然アミノ酸を配合し、何と!顔も洗えるという、高品質のオーガニックシャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

頭皮を健やかに保ち、厳選された保湿成分が、髪の内部まで浸透し、しっとりと、うるおう髪へ導いてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

植物の力(オーガニック)やアロマセラピーの考え方によって作られた、高品質な自然派シャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

髪の成長を促進し、細く弱った髪に活力を与えるのに有効な、様々な天然植物成分が配合されています。

詳細はこちら


【オーガニック】 定義 語源 意味 基準 農法 安全性 ロハス 赤ちゃん サロン コンシェルジュ アドバイザー コスメ協会 コーディネーター マスターオーガニックコーディネーター

【オーガニック植物成分】 シアバター セージ ラベンダー ミント ダマスクローズ シャボン草 ネロリ マリーゴールド メリッサ レモン レモンバーベナ ハチミツ(蜂蜜) ミツロウ(蜜蝋) ベルガモット

 モモ(桃) ブドウ オリーブ アロエベラ 【オーガニック認定機関】 JAS ACO BDIH エコサート ネイトルー コスメビオ デメター 【オーガニックシャンプー成分】 使われる成分 1 使われる成分 2

【オーガニック製品】 原材料 香料 整肌成分 コスメ コットン オイル 化粧品の選び方 防腐方法 洗浄成分 【栽培】 無農薬 有機 【無添加】 無添加とは