マスターオーガニックコーディネーターMaster organic coordinator

オーガニック

環境破壊や地球温暖化が問題視されている中で、オーガニックという言葉が今、注目されています。オーガニックとは「有機栽培」や「人間本来の自然の生き方」という意味があります。元は、貴族階級が生み出した運動といわれています。自然を守りながら、衣食住、生活すべてのものを天然のものにして、環境や体に優しい暮らし方をすることなのです。

マスターオーガニックコーディネーターとは、その名前の通りオーガニックに関して、専門的な知識や、オーガニック生産法、製造などオーガニックの世界についてすべてマスターした人たちのことです。有機JAS認定などのオーガニック検査員と同等の知識を習得することができます。

マスターオーガニックコーディネーターになるためには、まず、オーガニックコーディネーターの資格をとらなければなりません。また、実務経験がある方に限ります。マスターオーガニックコーディネーターの受講内容とは、オーガニックに関するすべての知識を始め、食品衛生法や不正競争防止法、JAS法、景品表示法などの基礎知識を学びます。オーガニック製品に関わる職業の方や食品関連の仕事をしている方、エステシャン、美容部員、飲食店の経営者や栄養士の方にも役立てる資格です。

オーガニック

また、セミナー講師や、独立して教室を開きたい方にもお勧めです。講座はすべてインターネットで行われており、自宅で学べます。オーガニックに関わる資格の中でも、上級者となりますので、安心で安全の本物のオーガニックライフが楽しめます。

また、正しい専門的な知識や判断力も学びますので、周りの人達にも自信をもってオーガニックについての様々なことを教えることができるでしょう。まだまだ、日本にはマスターオーガニックコーディネーターを取得している人は少ないのが現状です。地球環境問題や健康問題が重要視されている今、この資格を取得するとさまざまな場所で活躍することができるでしょう。


オーガニックシャンプー 商品ラインナップOrganic shampoo commodity lineup.

オーガニック

100%植物由来の心地良い使い心地は、ハリウッド女優やモデルなど、セレブ間でも大人気となっています。

詳細はこちら
オーガニック

こだわりのオーガニックハーブの香りや天然植物の有効成分を、惜しみなく全製品に詰め込んでいます。

詳細はこちら
オーガニック

オーガニック植物成分や天然精油を使用してるので、髪や頭皮をいたわりながら、やさしく洗いあげてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

多糖類や8種類もの天然アミノ酸を配合し、何と!顔も洗えるという、高品質のオーガニックシャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

頭皮を健やかに保ち、厳選された保湿成分が、髪の内部まで浸透し、しっとりと、うるおう髪へ導いてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

植物の力(オーガニック)やアロマセラピーの考え方によって作られた、高品質な自然派シャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

髪の成長を促進し、細く弱った髪に活力を与えるのに有効な、様々な天然植物成分が配合されています。

詳細はこちら


【オーガニック】 定義 語源 意味 基準 農法 安全性 ロハス 赤ちゃん サロン コンシェルジュ アドバイザー コスメ協会 コーディネーター マスターオーガニックコーディネーター

【オーガニック植物成分】 シアバター セージ ラベンダー ミント ダマスクローズ シャボン草 ネロリ マリーゴールド メリッサ レモン レモンバーベナ ハチミツ(蜂蜜) ミツロウ(蜜蝋) ベルガモット

 モモ(桃) ブドウ オリーブ アロエベラ 【オーガニック認定機関】 JAS ACO BDIH エコサート ネイトルー コスメビオ デメター 【オーガニックシャンプー成分】 使われる成分 1 使われる成分 2

【オーガニック製品】 原材料 香料 整肌成分 コスメ コットン オイル 化粧品の選び方 防腐方法 洗浄成分 【栽培】 無農薬 有機 【無添加】 無添加とは