無添加とはAdditive-free

オーガニック

今まさに健康ブームの現代ですが、それに伴い必要とされているのが人害のない安心できる安全な生活です。皮膚障害、アトピーなどアレルギーが増える中で、毎日の食生活や日用品でもっとも注目されているのが「無添加(additive-free)」の製品です。

その理由として天然由来成分でないもの、化学合成されたものは発がん性、毒性となり人体や自然に分解されず蓄積されてしまうことが分かったからです。無添加とは、食品でいえば加工物や甘味料、化学調味料などの添加物が使われていないもので、食品衛生法で定められた、約900種類の成分が入っていない食品が無添加食品と呼ばれています。

製造から加工、保存まで、添加物が一切使われていない無添加食品は、スーパーや食品売り場ではコーナーが設置されるほど現在では注目されています。そして、食品以外の化粧品やシャンプー、石鹸など日用品の製品でいえば、防腐剤やタール色素など人工着色料、合成香料、石油系界面活性剤などの添加物が入っていないものを無添加製品といいます。

無添加のシャンプーや石鹸は天然の植物素材を使用しており、石油系合成界面活性剤が配合されていないので、刺激も少なく抜け毛やアレルギーの心配がないため、赤ちゃんやお子様にも安心して使うことができます。ただ、デメリットを上げるとするなら、一般のシャンプーや洗剤よりも価格が高く、泡立ちが満足しないという点でしょうか。

オーガニック

化粧品に関しては、2003年に厚生省により決められたアレルギー反応を起こす可能性102種類の成分が旧表示指定成分に記載されてないと、無添加化粧品と呼ばれていますが、旧表示指定成分がないからといって必ずしもすべて天然由来成分のみというわけではなく、肌への刺激が少ない防腐剤や合成成分は少なからず含まれています。

また、化学物質過敏症やアトピー性皮膚炎が急増する中で、住宅でも無添加が注目されています。シックハウス症候群の原因となる物質や化学合成物質が使わず、自然素材の体に害のないもので作る家のことです。素材はしっくいや天然石、無垢材、炭化コルクなどが主に使われています。


オーガニックシャンプー 商品ラインナップOrganic shampoo commodity lineup.

オーガニック

100%植物由来の心地良い使い心地は、ハリウッド女優やモデルなど、セレブ間でも大人気となっています。

詳細はこちら
オーガニック

こだわりのオーガニックハーブの香りや天然植物の有効成分を、惜しみなく全製品に詰め込んでいます。

詳細はこちら
オーガニック

オーガニック植物成分や天然精油を使用してるので、髪や頭皮をいたわりながら、やさしく洗いあげてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

多糖類や8種類もの天然アミノ酸を配合し、何と!顔も洗えるという、高品質のオーガニックシャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

頭皮を健やかに保ち、厳選された保湿成分が、髪の内部まで浸透し、しっとりと、うるおう髪へ導いてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

植物の力(オーガニック)やアロマセラピーの考え方によって作られた、高品質な自然派シャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

髪の成長を促進し、細く弱った髪に活力を与えるのに有効な、様々な天然植物成分が配合されています。

詳細はこちら


【オーガニック】 定義 語源 意味 基準 農法 安全性 ロハス 赤ちゃん サロン コンシェルジュ アドバイザー コスメ協会 コーディネーター マスターオーガニックコーディネーター

【オーガニック植物成分】 シアバター セージ ラベンダー ミント ダマスクローズ シャボン草 ネロリ マリーゴールド メリッサ レモン レモンバーベナ ハチミツ(蜂蜜) ミツロウ(蜜蝋) ベルガモット

 モモ(桃) ブドウ オリーブ アロエベラ 【オーガニック認定機関】 JAS ACO BDIH エコサート ネイトルー コスメビオ デメター 【オーガニックシャンプー成分】 使われる成分 1 使われる成分 2

【オーガニック製品】 原材料 香料 整肌成分 コスメ コットン オイル 化粧品の選び方 防腐方法 洗浄成分 【栽培】 無農薬 有機 【無添加】 無添加とは