ネイトルーとはAbout natrue

オーガニック

2008年から発足したオーガニック認定機関に「ネイトルー」という機関あります。この機関は、ベルギーのブリュッセルに本部を置き、コスメを中心としたオーガニック認定を実施しており、公式にこの機関の目的として「自然化粧品とオーガニックコスメを推進していくこと」と公表しています。

この機関はドイツのオーガニック認定機関のBDIHの基準設定に参加した企業が主体となって活動を始めました。まだ発足したばかりで認定機関としての規模は小さいものの、オーガニック認定を受けた実績ある企業が中心となって運営されているため現在注目を集めています。この機関は、他の認定機関とは違ったユニークな制度を設けていることでも有名です。

例えば、コスメティック製品の水分量や自然原料含有度を考慮したうえで、オーガニック成分含有度によって評価分けされる「星マーク」制度を採用しています。1つ星から3つ星マークまでがあり、それぞれ1つ星から順に、オーガニック成分含有度が70パーセント以下、70以上95パーセント以下、95パーセント以上と設定され、それぞれ評価分けされています。

これによって、星の量が多いほど商品の価値の向上や、オーガニック商品としての信頼獲得に繋げることができるわけです。もちろんこの星マーク制度はもちろんのこと、ネイトルーに認定されるオーガニックコスメは、どの製品でも信頼できる基準によって認定された有機原料が使われていて、加工にもBDIHのようなしっかりとした基準、制限が設定されています。

オーガニック

なお、ネイトルー(NaTrue)が認定したコスメの原料は、天然原料、鉱物や粘土(クレイ状物質)などの原料、限りなく天然成分に近い原料(化学反応など人体に影響の少ない原料)のうちのどれかであることが条件であり、その他の原料は使用できないことになっています。

この機関の認定の基準は、BDIHやエコサートのコスメビオの基準などが参考になったものなので、信頼性は高いといえるでしょう。この認定機関がコスメティックを主に扱っているという独自性や今後予想されるオーガニック市場の拡大からも、将来的にこの機関がより発展するものと考えられ、今後のオーガニックコスメ認定機関の中で最大の注目株として期待されています。


オーガニックシャンプー 商品ラインナップOrganic shampoo commodity lineup.

オーガニック

100%植物由来の心地良い使い心地は、ハリウッド女優やモデルなど、セレブ間でも大人気となっています。

詳細はこちら
オーガニック

こだわりのオーガニックハーブの香りや天然植物の有効成分を、惜しみなく全製品に詰め込んでいます。

詳細はこちら
オーガニック

オーガニック植物成分や天然精油を使用してるので、髪や頭皮をいたわりながら、やさしく洗いあげてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

多糖類や8種類もの天然アミノ酸を配合し、何と!顔も洗えるという、高品質のオーガニックシャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

頭皮を健やかに保ち、厳選された保湿成分が、髪の内部まで浸透し、しっとりと、うるおう髪へ導いてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

植物の力(オーガニック)やアロマセラピーの考え方によって作られた、高品質な自然派シャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

髪の成長を促進し、細く弱った髪に活力を与えるのに有効な、様々な天然植物成分が配合されています。

詳細はこちら


【オーガニック】 定義 語源 意味 基準 農法 安全性 ロハス 赤ちゃん サロン コンシェルジュ アドバイザー コスメ協会 コーディネーター マスターオーガニックコーディネーター

【オーガニック植物成分】 シアバター セージ ラベンダー ミント ダマスクローズ シャボン草 ネロリ マリーゴールド メリッサ レモン レモンバーベナ ハチミツ(蜂蜜) ミツロウ(蜜蝋) ベルガモット

 モモ(桃) ブドウ オリーブ アロエベラ 【オーガニック認定機関】 JAS ACO BDIH エコサート ネイトルー コスメビオ デメター 【オーガニックシャンプー成分】 使われる成分 1 使われる成分 2

【オーガニック製品】 原材料 香料 整肌成分 コスメ コットン オイル 化粧品の選び方 防腐方法 洗浄成分 【栽培】 無農薬 有機 【無添加】 無添加とは