オーガニックの安全性Organic safety

オーガニック

オーガニックを使った商品が注目を集めています。オーガニックとは化学製品を使わず自然の力を最大限利用して栽培された植物などの有機栽培された自然製品のことで、それらを使用した食品や化粧品などの商品をオーガニック製品といいます。では、なぜ人気を集めだしたのでしょうか。

その理由はオーガニックが注目される以前は、特に化粧品などの商品は様々な化学合成物質などの化学薬品が使われており、それらの健康への影響が懸念されだしたからです。化学的に合成された物質の成分は自然由来のものではないため、人間の体質に合わなかったり、アレルギー、疾患を引き起こす可能性が近年になって示唆されだしました。

そこで注目されだしたのがオーガニック化粧品をはじめとする製品でした。化学薬品や合成物質などを使用せず、有機栽培された自然製品の成分を使って製品の安全性を高めることを目的に作られた製品は、自然由来の成分を抽出して使用したため健康への影響が出づらく、化学製品などのようにアレルギーなど皮膚炎や疾病などのリスクを小さくすることができます。

また、それらオーガニックの成分は、動物実験や人への臨床実験、成分構造の研究などによってその安全性が確認されています。オーガニック製品の成分はその安全性もさることながら、実際に効果が認められており、化学製品と比べてもかなりの効果があるものがたくさんあります。

オーガニック

例として、ラリウム硫酸ナトリウムとコカミドプロビルベタインで比べてみると、ラリウム硫酸ナトリウムが化学薬品、コカミドプロビルベタインがオーガニック成分です。ラリウム硫酸ナトリウムは市販のシャンプーの成分表示に必ずと言っていいほど載っている起泡剤ですが、髪のたんぱく質を変容したり、皮膚を通して毒性を示す作用があります。

一方コカミドプロビルベタインは起泡剤として優秀な上、保湿効果や髪の軟化作用が認められ、そのうえでの安全性が確認されています。このよう、にオーガニック製品の成分というのは、名実ともに安全な健康への影響が認められています。


オーガニックシャンプー 商品ラインナップOrganic shampoo commodity lineup.

オーガニック

100%植物由来の心地良い使い心地は、ハリウッド女優やモデルなど、セレブ間でも大人気となっています。

詳細はこちら
オーガニック

こだわりのオーガニックハーブの香りや天然植物の有効成分を、惜しみなく全製品に詰め込んでいます。

詳細はこちら
オーガニック

オーガニック植物成分や天然精油を使用してるので、髪や頭皮をいたわりながら、やさしく洗いあげてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

多糖類や8種類もの天然アミノ酸を配合し、何と!顔も洗えるという、高品質のオーガニックシャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

頭皮を健やかに保ち、厳選された保湿成分が、髪の内部まで浸透し、しっとりと、うるおう髪へ導いてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

植物の力(オーガニック)やアロマセラピーの考え方によって作られた、高品質な自然派シャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

髪の成長を促進し、細く弱った髪に活力を与えるのに有効な、様々な天然植物成分が配合されています。

詳細はこちら


【オーガニック】 定義 語源 意味 基準 農法 安全性 ロハス 赤ちゃん サロン コンシェルジュ アドバイザー コスメ協会 コーディネーター マスターオーガニックコーディネーター

【オーガニック植物成分】 シアバター セージ ラベンダー ミント ダマスクローズ シャボン草 ネロリ マリーゴールド メリッサ レモン レモンバーベナ ハチミツ(蜂蜜) ミツロウ(蜜蝋) ベルガモット

 モモ(桃) ブドウ オリーブ アロエベラ 【オーガニック認定機関】 JAS ACO BDIH エコサート ネイトルー コスメビオ デメター 【オーガニックシャンプー成分】 使われる成分 1 使われる成分 2

【オーガニック製品】 原材料 香料 整肌成分 コスメ コットン オイル 化粧品の選び方 防腐方法 洗浄成分 【栽培】 無農薬 有機 【無添加】 無添加とは