オーガニックと赤ちゃんOrganic baby

オーガニック

現代社会では化学物質、遺伝子組み換え食品、化合物など人体に害のあるものが多く存在しています。赤ちゃんがいる家庭では環境問題や健康に、より強く意識をするかと思います。大人より、抵抗力が弱い赤ちゃんだからこそオーガニックな生活が必要になってきます。

赤ちゃんの衣料品などにも化学物質が含まれた製品は多く出回っています。まだ皮膚の角質層が形成されていない敏感な赤ちゃんの肌からは、化学物質の残留物が少なからずとも皮膚から吸収されてアトピーやアレルギーを起こす原因になることがあります。まだ柔らかい角質層は、有害物質を吸収しやすく大人よりも影響が出る確率が大きいのです。

そのことから、赤ちゃんが身体に身につける洋服やおもちゃなどは素材が重要視されてきます。衣料品だけではなく、口から体内に入る食品や飲料からの影響はかなり大きく、添加物や着色料が含まれた食べ物を体に吸収することによって、発がん性やアレルギー疾患、原因不明の病気がおこる可能性が高くなってくるからです。

合成添加物というのは、人間の体内で処理できず蓄積されていきます。子供の時から合成添加物が含まれている食べ物を食べ続けると、体にいろいろな悪影響を与えてくるのです。ですので、健康的に育てるためには、子供や赤ちゃんにはできるだけ、安全で安心のオーガニックの食品やオーガニックコットン使用の衣料品を使うことをお勧めします。

オーガニック

オーガニックコットンとは、オーガニックの定められたきびしい基準を守って、認証機関に認められた土地で育てられた綿花のことです。3年以上農薬や化学肥料が使われていない農地で栽培します。無農薬や化学肥料、落葉剤を一切使わず、製造工程の段階でも化学処理は一切使用しませんので人体や自然環境にも優しい製品です。

刺激が少なく肌触りの良い柔らかい生地なので赤ちゃんや子供の衣料品としてだけではなく、寝具やタオルなど日用品にも多く流通しています。すべてのものをオーガニック食品や製品にすることは難しくても、意識してオーガニックな生活を取り組むよう心掛けたいものです。


オーガニックシャンプー 商品ラインナップOrganic shampoo commodity lineup.

オーガニック

100%植物由来の心地良い使い心地は、ハリウッド女優やモデルなど、セレブ間でも大人気となっています。

詳細はこちら
オーガニック

こだわりのオーガニックハーブの香りや天然植物の有効成分を、惜しみなく全製品に詰め込んでいます。

詳細はこちら
オーガニック

オーガニック植物成分や天然精油を使用してるので、髪や頭皮をいたわりながら、やさしく洗いあげてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

多糖類や8種類もの天然アミノ酸を配合し、何と!顔も洗えるという、高品質のオーガニックシャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

頭皮を健やかに保ち、厳選された保湿成分が、髪の内部まで浸透し、しっとりと、うるおう髪へ導いてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

植物の力(オーガニック)やアロマセラピーの考え方によって作られた、高品質な自然派シャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

髪の成長を促進し、細く弱った髪に活力を与えるのに有効な、様々な天然植物成分が配合されています。

詳細はこちら


【オーガニック】 定義 語源 意味 基準 農法 安全性 ロハス 赤ちゃん サロン コンシェルジュ アドバイザー コスメ協会 コーディネーター マスターオーガニックコーディネーター

【オーガニック植物成分】 シアバター セージ ラベンダー ミント ダマスクローズ シャボン草 ネロリ マリーゴールド メリッサ レモン レモンバーベナ ハチミツ(蜂蜜) ミツロウ(蜜蝋) ベルガモット

 モモ(桃) ブドウ オリーブ アロエベラ 【オーガニック認定機関】 JAS ACO BDIH エコサート ネイトルー コスメビオ デメター 【オーガニックシャンプー成分】 使われる成分 1 使われる成分 2

【オーガニック製品】 原材料 香料 整肌成分 コスメ コットン オイル 化粧品の選び方 防腐方法 洗浄成分 【栽培】 無農薬 有機 【無添加】 無添加とは