オーガニックの語源Organic origin of a word

オーガニック

健康や自然環境と深い関わりのある「オーガニック」。健康問題を抱える現代社会で今現在、オーガニック製品がもっとも注目を集めています。一般的に「オーガニック」の言葉が使われるようになったのは1940年代のことで、オーガニック農業をはじめに取り入れたアメリカのJ・I・ロデール氏が雑誌などメディアを通して広めていきました。

1962年にはアメリカのレイチェル・カーソンという生物科学者が、化学物質や農薬などを大量に使うと自然界や人間にどのような悪影響を与えるのかという内容の本「沈黙の春」を出版し、人々は「オーガニック」への関心を強くしました。

日本では、1960年以降から公害病や健康被害が次々と起こったため、有機農産物について本格的に取り組むようになったのです。1992年には農林水産省で、「有機農産物等に関わる青果物等特別表示ガイドライン」を公表し、それを実地しました。2001年には、登録認定機関が検査を行う有機JAS認定制度も作られました。

そして今では、日本だけではなく、海外においてもが広がっています。アメリカでは「CSA」団体、フランスでは「AMAP」団体が、オーガニック農業を周りに広めていく活動を行っています。そもそも「オーガニックとは」欧米の言葉であって、「源、起源、本来の」という意味がある、「ORIGIN」(オリジン)からきています。

オーガニック

ORIGINは、人間本来の自然の暮らしを取り戻すことに繋がる食の「自然農法の有機栽培」や、生き方、考え、環境、経済、教育などライフスタイルすべてに使われる言葉です。日本では大まかに人間本来の根本的な生き方や地球、自然環境を大切にする意味にとらえられています。

現在でも、健康に強い関心のある人達や自然食主義者だけではなく、アレルギーや皮膚炎、シックハウス症候群、化学物質過敏症などの原因となる化学物質や人体に害のあるものを一切使用しないオーガニックの関心が高まっています。そして、食に関しては除草剤や農薬、科学肥料を一切使用しないオーガニック食品(有機栽培)が人気を集めています。


オーガニックシャンプー 商品ラインナップOrganic shampoo commodity lineup.

オーガニック

100%植物由来の心地良い使い心地は、ハリウッド女優やモデルなど、セレブ間でも大人気となっています。

詳細はこちら
オーガニック

こだわりのオーガニックハーブの香りや天然植物の有効成分を、惜しみなく全製品に詰め込んでいます。

詳細はこちら
オーガニック

オーガニック植物成分や天然精油を使用してるので、髪や頭皮をいたわりながら、やさしく洗いあげてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

多糖類や8種類もの天然アミノ酸を配合し、何と!顔も洗えるという、高品質のオーガニックシャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

頭皮を健やかに保ち、厳選された保湿成分が、髪の内部まで浸透し、しっとりと、うるおう髪へ導いてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

植物の力(オーガニック)やアロマセラピーの考え方によって作られた、高品質な自然派シャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

髪の成長を促進し、細く弱った髪に活力を与えるのに有効な、様々な天然植物成分が配合されています。

詳細はこちら


【オーガニック】 定義 語源 意味 基準 農法 安全性 ロハス 赤ちゃん サロン コンシェルジュ アドバイザー コスメ協会 コーディネーター マスターオーガニックコーディネーター

【オーガニック植物成分】 シアバター セージ ラベンダー ミント ダマスクローズ シャボン草 ネロリ マリーゴールド メリッサ レモン レモンバーベナ ハチミツ(蜂蜜) ミツロウ(蜜蝋) ベルガモット

 モモ(桃) ブドウ オリーブ アロエベラ 【オーガニック認定機関】 JAS ACO BDIH エコサート ネイトルー コスメビオ デメター 【オーガニックシャンプー成分】 使われる成分 1 使われる成分 2

【オーガニック製品】 原材料 香料 整肌成分 コスメ コットン オイル 化粧品の選び方 防腐方法 洗浄成分 【栽培】 無農薬 有機 【無添加】 無添加とは