オーガニックの意味An organic meaning

オーガニック

オーガニック栽培された作物は、農薬などの化学製品を使わず、自然の状態を大事にしつつ、化学農品を使わない肥料などで育成されるので、薬品の健康被害のリスクが少なく、安全性が高く、農薬などを使わないので生態系破壊などの環境破壊のリスクも下げることができます。

日本では、公式にオーガニックと認められるのは食品だけで、有機JAS認定された作物が本当の意味でのオーガニックとされています。この資格なしにオーガニックを名乗った食品は罰せられます。なお、化粧品などコスメ関連にもオーガニックという言葉が使われますが、今のところ日本では明確なオーガニック規格はないので、企業の自己申告に任せる形となっています。

ただ、国が推奨するJOACという機関があり、ここではオーガニックコスメの説明や暫定の基準などが考案されています。オーガニックは、食品でもコスメでもシャンプーでも事実上の意味は同じで、有機農法で栽培した薬害等のリスクを軽減、自然の栄養素を含んだものを指します。

特にコスメやシャンプーなどは、石油化学製品などを多く使った製品を、直接肌や頭皮につけて使うため、アレルギーや炎症などの薬害が出やすかったものを、オーガニック製品は自然の原料だけを使って製造されるため、肌や頭皮など人体へのリスクをかなり減らすことができるので、商品がオーガニックであるという必要性は大変重要になってくると思います。

オーガニック

これは余談となりますが、「オーガニック」と自然という意味で使われる「ナチュラル」の違いって何なんでしょうか。ナチュラル製品とは「自然由来」の生産物のことで、製品にいたるその後の加工で化学製品なとが使われようが、ナチュラルと言い張ることができると思います。

オーガニックは一定の基準を満たした化学製品を使わずに有機栽培された作物で、その後の加工で化学製品などが入った時から、オーガニックである意義はなくなってしまうわけです。オーガニック同様に、「ナチュラル」というのは聞こえの良い言葉ではありますが、場合によっては私たちの想像とは違っていることがあるので注意したほうがいいでしょう。


オーガニックシャンプー 商品ラインナップOrganic shampoo commodity lineup.

オーガニック

100%植物由来の心地良い使い心地は、ハリウッド女優やモデルなど、セレブ間でも大人気となっています。

詳細はこちら
オーガニック

こだわりのオーガニックハーブの香りや天然植物の有効成分を、惜しみなく全製品に詰め込んでいます。

詳細はこちら
オーガニック

オーガニック植物成分や天然精油を使用してるので、髪や頭皮をいたわりながら、やさしく洗いあげてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

多糖類や8種類もの天然アミノ酸を配合し、何と!顔も洗えるという、高品質のオーガニックシャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

頭皮を健やかに保ち、厳選された保湿成分が、髪の内部まで浸透し、しっとりと、うるおう髪へ導いてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

植物の力(オーガニック)やアロマセラピーの考え方によって作られた、高品質な自然派シャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

髪の成長を促進し、細く弱った髪に活力を与えるのに有効な、様々な天然植物成分が配合されています。

詳細はこちら


【オーガニック】 定義 語源 意味 基準 農法 安全性 ロハス 赤ちゃん サロン コンシェルジュ アドバイザー コスメ協会 コーディネーター マスターオーガニックコーディネーター

【オーガニック植物成分】 シアバター セージ ラベンダー ミント ダマスクローズ シャボン草 ネロリ マリーゴールド メリッサ レモン レモンバーベナ ハチミツ(蜂蜜) ミツロウ(蜜蝋) ベルガモット

 モモ(桃) ブドウ オリーブ アロエベラ 【オーガニック認定機関】 JAS ACO BDIH エコサート ネイトルー コスメビオ デメター 【オーガニックシャンプー成分】 使われる成分 1 使われる成分 2

【オーガニック製品】 原材料 香料 整肌成分 コスメ コットン オイル 化粧品の選び方 防腐方法 洗浄成分 【栽培】 無農薬 有機 【無添加】 無添加とは