オーガニックの基準Organic standard

オーガニック

健康ブームの現代社会で、オーガニックというフレーズは非常に注目されています。オーガニックとは、欧米の言葉「ORIGIN」からきています。食を中心とした自然農法の「有機栽培」や人々の根本的な本来の自然の暮らしを意味しており、貴族階級がはじめた運動のことをさします。

食物や畜産物、日用品など生産者から消費者まで移動する商品について、オーガニックと認められているものは日本では、農林水産省が定めた有機食品の有機JAS認定を取得されているものだけで、認められると有機JASマークを商品に貼ることができるわけです。しかし、、その商品がオーガニックであることを第三のオーガニック認証機関が証明しなければ販売することができません。

オーガニックの定義や基準は各認証機関によって若干の違いはあるものの、一般的には、原料では、蜂蜜や牛乳などの動物由来の原料は一切禁止・パラベンやフェノキシエタノールなどの石油由来原料、防腐剤は使用しない・最終製品の95%以上は自然原料であること・最終製品の10%以上はオーガニック原料であること・植物原料95%はオーガニック原料であること、試験に関しては動物実験は一切行わないこと。

オーガニック

製品の容器、包装などはリサイクルできる再生可能な素材を使用すること・製造段階から市場に流通するまでの基準を設定すること・製造に関わるエネルギー消費は最小限に抑えることとあります。認証は書類審査のみですが、品目ごとの認証が1年ごとに必要で、商品の製造場所にも、年に1回の定期検査と数回の抜き打ち検査も入ります。

また、輸入品は多くの課題をクリアしないと有機JAS認定を受けることが出来ません。アメリカでは、農務省の政府査察の認定をクリアした商品だけがオーガニックと認められ、農産物を作る段階でも政府認定をクリアしければ、オーガニック製品と認められない日本より厳しい基準があります。


オーガニックシャンプー 商品ラインナップOrganic shampoo commodity lineup.

オーガニック

100%植物由来の心地良い使い心地は、ハリウッド女優やモデルなど、セレブ間でも大人気となっています。

詳細はこちら
オーガニック

こだわりのオーガニックハーブの香りや天然植物の有効成分を、惜しみなく全製品に詰め込んでいます。

詳細はこちら
オーガニック

オーガニック植物成分や天然精油を使用してるので、髪や頭皮をいたわりながら、やさしく洗いあげてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

多糖類や8種類もの天然アミノ酸を配合し、何と!顔も洗えるという、高品質のオーガニックシャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

頭皮を健やかに保ち、厳選された保湿成分が、髪の内部まで浸透し、しっとりと、うるおう髪へ導いてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

植物の力(オーガニック)やアロマセラピーの考え方によって作られた、高品質な自然派シャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

髪の成長を促進し、細く弱った髪に活力を与えるのに有効な、様々な天然植物成分が配合されています。

詳細はこちら


【オーガニック】 定義 語源 意味 基準 農法 安全性 ロハス 赤ちゃん サロン コンシェルジュ アドバイザー コスメ協会 コーディネーター マスターオーガニックコーディネーター

【オーガニック植物成分】 シアバター セージ ラベンダー ミント ダマスクローズ シャボン草 ネロリ マリーゴールド メリッサ レモン レモンバーベナ ハチミツ(蜂蜜) ミツロウ(蜜蝋) ベルガモット

 モモ(桃) ブドウ オリーブ アロエベラ 【オーガニック認定機関】 JAS ACO BDIH エコサート ネイトルー コスメビオ デメター 【オーガニックシャンプー成分】 使われる成分 1 使われる成分 2

【オーガニック製品】 原材料 香料 整肌成分 コスメ コットン オイル 化粧品の選び方 防腐方法 洗浄成分 【栽培】 無農薬 有機 【無添加】 無添加とは