オーガニック 農法Organic agricultural technique

オーガニック

オーガニック製品の原材料はオーガニック農法という、有機農法、有機栽培という形をとった生産方法で作られたものです。有機農法は農薬などの人体に悪影響がある化学製品、化学合成の肥料を使わず自然の物を利用した肥料や土の本来の栄養をうまく使用して効率よく栽培することです。

オーガニック農法は、人体への悪影響のリスクを減らし、環境へのリスクも減らすことができる利点があって、この農法で作られた製品は、化学農薬や化学肥料を使用しないことから、もちろん無添加ですので、アレルギー反応や、人体への悪影響を減らすことができます。


有機肥料を科学肥料の代わりにふんだんに使っているため、一般的なオーガニック生産物は丈夫で健康に育ち、栄養素が豊富なことが挙げられます。そのほか生産者は害虫や生産物の異常等のチェックを欠かさないことを義務化されているので、そういった意味でも安心して、オーガニック食品やコスメ、シャンプー、コットンなどを利用することができます。 アメリカ発のジョンマスターオーガニックなどは、そういった意味からもまさに信頼できるブランドといえるわけです。

オーガニック製品の生産者にもメリットがあって、安心、安全を求める消費者たちのニーズに対応できるうえ、化学農品を使うよりコストがかかるため市場での希少価値が高く、ある意味ブランドのように高額でその上、有利に販売できることがあります。また、農薬被害は生産者が受けやすいことから、そのリスクを避けることもできます。

オーガニック

消費者たちの健康被害が起きにくいことから、責任を負いづらくなるからです。そして、環境面への利点もあります。過去20年で表面化した環境破壊などの自然への薬害を抑えることできるため、人間、動植物へ悪影響を及ぼす環境ホルモンを減らすことができるのです。

オーガニック農法はこれらのメリットが魅力的ですが、市場がまだ小さいことから価格が高いこと、生産者の手間がとてもかかることなどのデメリットもあるのが現状ですが、それでも生産、消費されていることから今後の発展が見込まれるカテゴリと言えるでしょう。


オーガニックシャンプー 商品ラインナップOrganic shampoo commodity lineup.

オーガニック

100%植物由来の心地良い使い心地は、ハリウッド女優やモデルなど、セレブ間でも大人気となっています。

詳細はこちら
オーガニック

こだわりのオーガニックハーブの香りや天然植物の有効成分を、惜しみなく全製品に詰め込んでいます。

詳細はこちら
オーガニック

オーガニック植物成分や天然精油を使用してるので、髪や頭皮をいたわりながら、やさしく洗いあげてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

多糖類や8種類もの天然アミノ酸を配合し、何と!顔も洗えるという、高品質のオーガニックシャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

頭皮を健やかに保ち、厳選された保湿成分が、髪の内部まで浸透し、しっとりと、うるおう髪へ導いてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

植物の力(オーガニック)やアロマセラピーの考え方によって作られた、高品質な自然派シャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

髪の成長を促進し、細く弱った髪に活力を与えるのに有効な、様々な天然植物成分が配合されています。

詳細はこちら


【オーガニック】 定義 語源 意味 基準 農法 安全性 ロハス 赤ちゃん サロン コンシェルジュ アドバイザー コスメ協会 コーディネーター マスターオーガニックコーディネーター

【オーガニック植物成分】 シアバター セージ ラベンダー ミント ダマスクローズ シャボン草 ネロリ マリーゴールド メリッサ レモン レモンバーベナ ハチミツ(蜂蜜) ミツロウ(蜜蝋) ベルガモット

 モモ(桃) ブドウ オリーブ アロエベラ 【オーガニック認定機関】 JAS ACO BDIH エコサート ネイトルー コスメビオ デメター 【オーガニックシャンプー成分】 使われる成分 1 使われる成分 2

【オーガニック製品】 原材料 香料 整肌成分 コスメ コットン オイル 化粧品の選び方 防腐方法 洗浄成分 【栽培】 無農薬 有機 【無添加】 無添加とは