オーガニックとロハスOrganic baby

オーガニック

健康や自然環境の問題を考えると重要なキーワードとなる言葉がオーガニックとロハスです。よく耳にする「オーガニック」と「ロハス」とはどのような関係があるのでしょうか。まず、オーガニックとは分かりやすくいうと本来、化学物質や農薬などを使わない貴族階級から生まれた食を中心とした「自然農法の有機栽培」や「人間本来の自然の生き方」の運動のことです。

オーガニックには定められた厳しい基準があり、3年間科学肥料や農薬を使っていない土地で栽培すること、農薬や化学肥料は一切使用しないこと、遺伝子の組み換え原材料は使わないことなど、自然環境を守るようにという規定があります。

ロハスとは、Lifestyles of Health and Sustainability の頭文字をとって略された言葉で、健康、自然環境の保護などを総合的に続けることが可能な社会生活を心がけるという意味です。したがって、オーガニックの観念をコンセプトにして、ライフスタイルを考えることが「ロハス」とも言えるわけです。ロハスがなぜ生まれたのか?その理由は、地球環境や農薬の問題に危機感を持ち、1998年にアメリカの社会学者ポール・レイと心理学者のシェリー・アンダーソンが発案して全米15万人を研究の対象に15年間もかけて実地調査を行いました。そして、その実地調査をもとに生まれた新しい生き方、それがロハスなのです。

オーガニック

ロハスが日本に広まったのは少し後で、2002年以降に日本経済新聞などマスメディアが取り上げたことで、健康や癒し、自己開発、エコなどに興味を持ち始める人が増えて、ロハスという言葉が注目されるようになりました。環境や人体に優しいロハススタイルとは、地球温暖化防止や自然を破壊しないように生活を続けられる経済を願い、自然環境に優しいライフスタイル。

無農薬や無添加、有機栽培、有機畜産物の食べ物を心がける食生活など自然を感じながら生活するスタイルのことでもあります。二つの言葉の関係とは、自然環境を守り健康的に生活をるづけるという意味もあることから、オーガニックがあり、ロハススタイルが実現する関係といえます。


オーガニックシャンプー 商品ラインナップOrganic shampoo commodity lineup.

オーガニック

100%植物由来の心地良い使い心地は、ハリウッド女優やモデルなど、セレブ間でも大人気となっています。

詳細はこちら
オーガニック

こだわりのオーガニックハーブの香りや天然植物の有効成分を、惜しみなく全製品に詰め込んでいます。

詳細はこちら
オーガニック

オーガニック植物成分や天然精油を使用してるので、髪や頭皮をいたわりながら、やさしく洗いあげてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

多糖類や8種類もの天然アミノ酸を配合し、何と!顔も洗えるという、高品質のオーガニックシャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

頭皮を健やかに保ち、厳選された保湿成分が、髪の内部まで浸透し、しっとりと、うるおう髪へ導いてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

植物の力(オーガニック)やアロマセラピーの考え方によって作られた、高品質な自然派シャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

髪の成長を促進し、細く弱った髪に活力を与えるのに有効な、様々な天然植物成分が配合されています。

詳細はこちら


【オーガニック】 定義 語源 意味 基準 農法 安全性 ロハス 赤ちゃん サロン コンシェルジュ アドバイザー コスメ協会 コーディネーター マスターオーガニックコーディネーター

【オーガニック植物成分】 シアバター セージ ラベンダー ミント ダマスクローズ シャボン草 ネロリ マリーゴールド メリッサ レモン レモンバーベナ ハチミツ(蜂蜜) ミツロウ(蜜蝋) ベルガモット

 モモ(桃) ブドウ オリーブ アロエベラ 【オーガニック認定機関】 JAS ACO BDIH エコサート ネイトルー コスメビオ デメター 【オーガニックシャンプー成分】 使われる成分 1 使われる成分 2

【オーガニック製品】 原材料 香料 整肌成分 コスメ コットン オイル 化粧品の選び方 防腐方法 洗浄成分 【栽培】 無農薬 有機 【無添加】 無添加とは