オーガニックとサロンOrganic salon

オーガニック

自然環境問題や健康問題が深刻化している現代のストレス社会で、よく耳にする「オーガニック」。オーガニックとは自然農法、有機栽培などの食材を中心とした人々の根本的な自然の生き方を意味する貴族階級から生み出された運動のことです。食物や衣料品などでは、オーガニック食品やオーガニックコスメ、オーガニックコットンなどが、数多く流通されています。

それは、人々が、地球や自然、健康への関心が高まったことでもあり、近年では、エステサロンをはじめ、ヘアサロンでもオーガニックを主体としたお店が増えいる傾向があります。オーガニックサロンの特徴は、防腐剤や着色料、香料は一切使わないところです。

オーガニックヘアサロンでは、頭皮や髪に優しい有機栽培された食物を原料とした、Nature's Gateのようなオーガニックなシャンプーやトリートメント剤、カラーリング剤、ハーブを使用したパーマ剤など、安心できる安全な製品を使っています。食物の天然成分でできているので、パーマ剤やカラーリング剤など鼻につんとくる独特の臭いもなく、100%天然素材の効果が高いスキンケア、ヘアケアが体感できます。

また、オーガニックなエステサロンなどでは、オーガニック成分の代表ともいえるホホバオイルなどハーブを元にしたオーガニックオイルやオーガニックコスメ(化粧品)を使用することによって、生まれながらにもっている本来の肌の美しさを引き出し、そして、ストレスの多い現代社会によって体内に溜まった老廃物を出すデットクス効果も実感できます。

オーガニック

また、サロンでは、内装も体に悪影響のない天然素材でできた床やしっくいの壁にしたり、無農薬栽培繊維のオーガニックコットンでできたタオルを使用したり、空気清浄にもこだわっています。まさに、すべての面から自然の美を取り戻すことができるわけです。

出されるティーもオーガニックティーやコーヒーを使ったりと、自然環境を守りながら美と健康にこだわり、心身の癒しの空間を作ることを目的としています。健康なくして美は語れません。オーガニックサロンとは、本当の美しさといえる、人間が本来持っている免疫力を高め、心身ともに健康であること、リラックスできることをコンセプトとしたサロンです。


オーガニックシャンプー 商品ラインナップOrganic shampoo commodity lineup.

オーガニック

100%植物由来の心地良い使い心地は、ハリウッド女優やモデルなど、セレブ間でも大人気となっています。

詳細はこちら
オーガニック

こだわりのオーガニックハーブの香りや天然植物の有効成分を、惜しみなく全製品に詰め込んでいます。

詳細はこちら
オーガニック

オーガニック植物成分や天然精油を使用してるので、髪や頭皮をいたわりながら、やさしく洗いあげてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

多糖類や8種類もの天然アミノ酸を配合し、何と!顔も洗えるという、高品質のオーガニックシャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

頭皮を健やかに保ち、厳選された保湿成分が、髪の内部まで浸透し、しっとりと、うるおう髪へ導いてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

植物の力(オーガニック)やアロマセラピーの考え方によって作られた、高品質な自然派シャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

髪の成長を促進し、細く弱った髪に活力を与えるのに有効な、様々な天然植物成分が配合されています。

詳細はこちら


【オーガニック】 定義 語源 意味 基準 農法 安全性 ロハス 赤ちゃん サロン コンシェルジュ アドバイザー コスメ協会 コーディネーター マスターオーガニックコーディネーター

【オーガニック植物成分】 シアバター セージ ラベンダー ミント ダマスクローズ シャボン草 ネロリ マリーゴールド メリッサ レモン レモンバーベナ ハチミツ(蜂蜜) ミツロウ(蜜蝋) ベルガモット

 モモ(桃) ブドウ オリーブ アロエベラ 【オーガニック認定機関】 JAS ACO BDIH エコサート ネイトルー コスメビオ デメター 【オーガニックシャンプー成分】 使われる成分 1 使われる成分 2

【オーガニック製品】 原材料 香料 整肌成分 コスメ コットン オイル 化粧品の選び方 防腐方法 洗浄成分 【栽培】 無農薬 有機 【無添加】 無添加とは