オーガニックの定義An organic definition

オーガニック

オーガニックの意味は知っているけど、どのようなものがオーガニックとされるかという定義はわからないという人は多いかと思います。オーガニック生産物はただ単に化学肥料や農薬を使用せずに有機栽培されれば認められるものというわけではありません。日本では食品についてのオーガニックを決める規定に有機JAS規格があります。

オーガニック食品はこれらの機関に認定され、内容は、田植えや種付け時にその土壌が少なくとも2年以上化学合成農品や添加物を使用していないこと、使用する種や苗が遺伝子組み換え技術を使用した作物でないこと、栽培期間中は禁止されている化学薬品を使用しないことなどがあります。

出荷後加工する場合には、加工時にオーガニック生産物の加工、合成対象や触媒に化学的に合成された物質の使用を避けること、合成や加工する原材料が遺伝子組み換え作物ではなく有機作物であることなどがあります。これらの条件や生産者の適正をクリアしたものが有機JASから正式にオーガニックと認められることができます。

では、食品以外の作物や加工品ではどうでしょうか?現在のところそういったものをオーガニック認定してくれるところはなく、定義は企業に任せることになっていますが、先に説明したオーガニックと認められるための条件をクリアしたものを使用している企業は多くなっています。

オーガニック

化学薬品等を使用したにもかかわらずオーガニックをうたって売り出すと、アレルギー体質の方や敏感な体質の方などが健康被害を被り問題が露見し企業にもメリットがないので、そのような偽のオーガニック商品は減ってきています。ですので基本的には食品同様に安心していいはずです。

しかし、念を入れて成分に化学薬品などが入っていないかチェックするなど、消費者側も自衛対策をすることは必要です。パラベンフリーやフェノキシエタノールフリーなどといった宣伝文句の時は、「フリー」という言葉に気をそらして認定証の代わりにしていることがあるので、注意しましょう。


オーガニックシャンプー 商品ラインナップOrganic shampoo commodity lineup.

オーガニック

100%植物由来の心地良い使い心地は、ハリウッド女優やモデルなど、セレブ間でも大人気となっています。

詳細はこちら
オーガニック

こだわりのオーガニックハーブの香りや天然植物の有効成分を、惜しみなく全製品に詰め込んでいます。

詳細はこちら
オーガニック

オーガニック植物成分や天然精油を使用してるので、髪や頭皮をいたわりながら、やさしく洗いあげてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

多糖類や8種類もの天然アミノ酸を配合し、何と!顔も洗えるという、高品質のオーガニックシャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

頭皮を健やかに保ち、厳選された保湿成分が、髪の内部まで浸透し、しっとりと、うるおう髪へ導いてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

植物の力(オーガニック)やアロマセラピーの考え方によって作られた、高品質な自然派シャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

髪の成長を促進し、細く弱った髪に活力を与えるのに有効な、様々な天然植物成分が配合されています。

詳細はこちら


【オーガニック】 定義 語源 意味 基準 農法 安全性 ロハス 赤ちゃん サロン コンシェルジュ アドバイザー コスメ協会 コーディネーター マスターオーガニックコーディネーター

【オーガニック植物成分】 シアバター セージ ラベンダー ミント ダマスクローズ シャボン草 ネロリ マリーゴールド メリッサ レモン レモンバーベナ ハチミツ(蜂蜜) ミツロウ(蜜蝋) ベルガモット

 モモ(桃) ブドウ オリーブ アロエベラ 【オーガニック認定機関】 JAS ACO BDIH エコサート ネイトルー コスメビオ デメター 【オーガニックシャンプー成分】 使われる成分 1 使われる成分 2

【オーガニック製品】 原材料 香料 整肌成分 コスメ コットン オイル 化粧品の選び方 防腐方法 洗浄成分 【栽培】 無農薬 有機 【無添加】 無添加とは