オーガニックコスメOrganic cosme

オーガニック

化学合成農薬や化学肥料を使わず、遺伝子操作をせずに、有機肥料などにより土壌が持つ力を活かし栽培された植物を使って、製品化した化粧品をオーガニックコスメといいます。

ただ、無農薬で作られた植物かを証明するためには、公的機関の認定を受けなければなりません。 認定の基準は国によって様々で、独自の基準値によって認定されています。

日本の認定基準は、 過去2年間、農薬や化学肥料を使用しない土壌で化学合成農薬や化学肥料は使用しせず栽培していることや遺伝子組み換えをしていないことなどがあります。

日本では認定機関から認定を受けた農家などが生産したオーガニック農産物には有機栽培のJASマークがつけらますが、「オーガニック食品」に対しての認定となります。そのため、オーガニック化粧品としては認定を受けることはできないのです。日本製のオーガニック製品とうたわれている化粧品、シャンプーなどは、LEVATIなどのように企業独自の無農薬栽培によって作られているものがほとんどです。


海外のオーガニックコスメOverseas organic cosme

オーガニック

海外のオーガニックコスメは、そのコスメが本当に無農薬がどうか、オーガニック認定の機関が認定してくれます。 オーストラリアのACOなどがその代表です。

国内で製造されるオーガニック製品に対し、オーガニックであるかどうか認証を行っている機関でもあって、それは、有機農産物の安全性証明にもなって、ヨーロッパ、アメリカ、日本などでのオーガニックビジネスの許可を認定することもできます。

そのため、日本のJASオーガニック規格よりも、より高い認定基準を保っているとされ、ACOから認定を受けるということは、原料から成分、ボトルやケースにいたるまで、徹底した管理下のもとで作られた世界最高の製品であるという証明になるのです。

ですので、オーガニック製品として世界的に有名な、ジョンマスターオーガニック(johnmastersorganics)をはじめ、ジュリーク(jurlique)やエルバビーバ(erbaviva)、テラクオーレ(Terracuore)などの商品は、95%以上は天然原料である事、植物原料の50%以上はオーガニックである事などのさまざまな厳しい海外の認定基準をクリアした、まさに世界最高の製品といえるわけです。


オーガニックシャンプー 商品ラインナップOrganic shampoo commodity lineup.

オーガニック

100%植物由来の心地良い使い心地は、ハリウッド女優やモデルなど、セレブ間でも大人気となっています。

詳細はこちら
オーガニック

こだわりのオーガニックハーブの香りや天然植物の有効成分を、惜しみなく全製品に詰め込んでいます。

詳細はこちら
オーガニック

オーガニック植物成分や天然精油を使用してるので、髪や頭皮をいたわりながら、やさしく洗いあげてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

多糖類や8種類もの天然アミノ酸を配合し、何と!顔も洗えるという、高品質のオーガニックシャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

頭皮を健やかに保ち、厳選された保湿成分が、髪の内部まで浸透し、しっとりと、うるおう髪へ導いてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

植物の力(オーガニック)やアロマセラピーの考え方によって作られた、高品質な自然派シャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

髪の成長を促進し、細く弱った髪に活力を与えるのに有効な、様々な天然植物成分が配合されています。

詳細はこちら


【オーガニック】 定義 語源 意味 基準 農法 安全性 ロハス 赤ちゃん サロン コンシェルジュ アドバイザー コスメ協会 コーディネーター マスターオーガニックコーディネーター

【オーガニック植物成分】 シアバター セージ ラベンダー ミント ダマスクローズ シャボン草 ネロリ マリーゴールド メリッサ レモン レモンバーベナ ハチミツ(蜂蜜) ミツロウ(蜜蝋) ベルガモット

 モモ(桃) ブドウ オリーブ アロエベラ 【オーガニック認定機関】 JAS ACO BDIH エコサート ネイトルー コスメビオ デメター 【オーガニックシャンプー成分】 使われる成分 1 使われる成分 2

【オーガニック製品】 原材料 香料 整肌成分 コスメ コットン オイル 化粧品の選び方 防腐方法 洗浄成分 【栽培】 無農薬 有機 【無添加】 無添加とは