オーガニック製品の原材料Raw material of organic products

オーガニック

オーガニック製品とは、その名の通り原材料にオーガニック農作物を使った商品のことで、その原料の安全性から注目が集まっています。オーガニック原料は化学農薬などの化学合成農品を一切使わずに、有機栽培農法で育てられるなどした作物のことをいいます。

また、化学製品を使わないほか、オーガニック作物とされるには、遺伝子組み換えをしていないことや土壌の安全性などの項目をクリアしたものだけが認められます。オーガニック原料は、栽培に化学製品などを使わないので、無添加製品のように人体への悪影響のリスクは非常に少なく、安全な有機肥料をたっぷり使うため有効成分が豊富に含まれているのが特徴です。

製品に使われるオーガニック原料には天然原料と天然由来原料に分けられます。天然原料とは無精製油や抽出エキスなどの抽出後に化学処理されずに自然のままの成分として使われる原料のことで、一般的にとらえられる意味でのオーガニック原料となります。天然由来原料は、天然原料の成分の効果をより効率的に発揮させるために天然原料同士などを合成して作られた原料のことです。

天然由来原料には不安を感じるかもしれませんが、化学合成品のように体への悪影響は起きませんし、合成に使うものもオーガニック作物由来なので安心して使うことができます。しかしオーガニック原料を使用する製品を購入する際に注意したいことがあります。オーガニック製品とうたっていながら、オーガニック原料のほかに、化学合成物質も入っている製品があります。

オーガニック

なぜ、そういった化学薬品を使ったオーガニック製品が出回るのかというと、今の日本にはオーガニックを使った製品を明確に規定する規格がないためです。唯一、オーガニック作物を規定する有機JAS規格にしても、オーガニック栽培で作られた食品限定での認定となります。

現在では、オーガニック原料しか使わない製品が多く流通してきているので、そういったものは少なくなっていますが、念のため購入時には、添加物表示や成分表示を見て確認してみることをお勧めします。アメリカやオーストラリアなど、海外ではオーガニック原料だけでなく、オーガニック使用製品にもそれぞれに規格がありますのでそれを参考にしてみるとよいでしょう。


オーガニックシャンプー 商品ラインナップOrganic shampoo commodity lineup.

オーガニック

100%植物由来の心地良い使い心地は、ハリウッド女優やモデルなど、セレブ間でも大人気となっています。

詳細はこちら
オーガニック

こだわりのオーガニックハーブの香りや天然植物の有効成分を、惜しみなく全製品に詰め込んでいます。

詳細はこちら
オーガニック

オーガニック植物成分や天然精油を使用してるので、髪や頭皮をいたわりながら、やさしく洗いあげてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

多糖類や8種類もの天然アミノ酸を配合し、何と!顔も洗えるという、高品質のオーガニックシャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

頭皮を健やかに保ち、厳選された保湿成分が、髪の内部まで浸透し、しっとりと、うるおう髪へ導いてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

植物の力(オーガニック)やアロマセラピーの考え方によって作られた、高品質な自然派シャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

髪の成長を促進し、細く弱った髪に活力を与えるのに有効な、様々な天然植物成分が配合されています。

詳細はこちら


【オーガニック】 定義 語源 意味 基準 農法 安全性 ロハス 赤ちゃん サロン コンシェルジュ アドバイザー コスメ協会 コーディネーター マスターオーガニックコーディネーター

【オーガニック植物成分】 シアバター セージ ラベンダー ミント ダマスクローズ シャボン草 ネロリ マリーゴールド メリッサ レモン レモンバーベナ ハチミツ(蜂蜜) ミツロウ(蜜蝋) ベルガモット

 モモ(桃) ブドウ オリーブ アロエベラ 【オーガニック認定機関】 JAS ACO BDIH エコサート ネイトルー コスメビオ デメター 【オーガニックシャンプー成分】 使われる成分 1 使われる成分 2

【オーガニック製品】 原材料 香料 整肌成分 コスメ コットン オイル 化粧品の選び方 防腐方法 洗浄成分 【栽培】 無農薬 有機 【無添加】 無添加とは