オーガニックシャンプーに使われる成分 その1The ingredient used

オーガニック

オーガニックシャンプーの有効成分は、有機栽培により通常よりも体に適するようになっていたり、効果が出やすいようになっています。そのため含有されるオーガニック成分について知っていれば商品の購入や使い方の判断がしやすくなります。

ではその成分の一例を紹介しましょう。よく天然ヘアソープに使用されるアミノ酸の一種のベタインは、シャンプーやトリートメントに使われるものの場合、髪と頭皮の保湿、帯電による静電気防止などの効果があり、オーガニックシャンプーの場合、肌の弱い人にも優しい成分として評価されてます。


ベタインはクコの実や砂糖大根(ビート)などから抽出され、それらの原料とされる野菜はオーガニック製品として有名です。この成分の安全性については様々な臨床実験などが行われたようで、天然成分でもあることから、この成分はかなり安全であることが確認されています。ベタイン系の成分にコカミドプロビルベタインがあります。天然ヤシなどから抽出される油脂をベタインと合成させた天然成分でシャンプーの成分表示の3番目などに良く表記されています。

洗浄能力に優れているのが特徴で、起泡材として使用されるほか、髪の軟化を促進します。それら主だった効能のほかに注目したい点として、普通のシャンプーと違い、髪や皮膚、粘膜への刺激が少ないため敏感肌や乾燥肌の方でも炎症が起こりにくいことが挙げられます。また、ベタインと同様に保湿効果も期待されるので乾燥肌の改善にも効果が期待されます。

オーガニック

ただし、上記でも説明しましたが、完全なオーガニック成分ではなく、合成物質です。元が自然由来であり、合成後も体への影響が少ないのでオーガニック成分としてよく扱われます。成分とは違いますがシャンプーのオーガニックとしてよく使われる油脂にホホバ油があります。ホホバ油はホホバの実から抽出される油脂で、髪の毛のツヤ、コシを維持、再生する効果があります。

そのほか皮脂を落とし保護膜を生成し、皮膚の水分を一定に保つことでも知られています。特に未精製のホホバ油は、天然ホホバ油と呼ばれ、精製されたものよりタンパク質やビタミンEなどの栄養価が高いとされています。前述の成分と併用されることで相互に良く作用します。


オーガニックシャンプー 商品ラインナップOrganic shampoo commodity lineup.

オーガニック

100%植物由来の心地良い使い心地は、ハリウッド女優やモデルなど、セレブ間でも大人気となっています。

詳細はこちら
オーガニック

こだわりのオーガニックハーブの香りや天然植物の有効成分を、惜しみなく全製品に詰め込んでいます。

詳細はこちら
オーガニック

オーガニック植物成分や天然精油を使用してるので、髪や頭皮をいたわりながら、やさしく洗いあげてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

多糖類や8種類もの天然アミノ酸を配合し、何と!顔も洗えるという、高品質のオーガニックシャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

頭皮を健やかに保ち、厳選された保湿成分が、髪の内部まで浸透し、しっとりと、うるおう髪へ導いてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

植物の力(オーガニック)やアロマセラピーの考え方によって作られた、高品質な自然派シャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

髪の成長を促進し、細く弱った髪に活力を与えるのに有効な、様々な天然植物成分が配合されています。

詳細はこちら


【オーガニック】 定義 語源 意味 基準 農法 安全性 ロハス 赤ちゃん サロン コンシェルジュ アドバイザー コスメ協会 コーディネーター マスターオーガニックコーディネーター

【オーガニック植物成分】 シアバター セージ ラベンダー ミント ダマスクローズ シャボン草 ネロリ マリーゴールド メリッサ レモン レモンバーベナ ハチミツ(蜂蜜) ミツロウ(蜜蝋) ベルガモット

 モモ(桃) ブドウ オリーブ アロエベラ 【オーガニック認定機関】 JAS ACO BDIH エコサート ネイトルー コスメビオ デメター 【オーガニックシャンプー成分】 使われる成分 1 使われる成分 2

【オーガニック製品】 原材料 香料 整肌成分 コスメ コットン オイル 化粧品の選び方 防腐方法 洗浄成分 【栽培】 無農薬 有機 【無添加】 無添加とは