オーガニック植物成分 ブドウOrganic plant ingredient budou

オーガニック

オーガニックとは、「自然農法の有機栽培」という意味で、農薬や化学肥料は一切使わずに育てた農産物のことです。オーガニック農産物を栽培する場合、さまざまな基準があってオーガニックなブドウにしても、オーガニック認定機関の基準に沿って育てられた安心で安全の果物です。基準はいくつかあって、3年以上、農薬や化学肥料が一切使われていない土地で栽培すること。

育てる段階でも化学肥料や農薬は一切使用しないこと。遺伝子組み換え原料は使わないこと。肥料を使う場合は、有機肥料のみを使うこと。栽培するに当たり自然環境を破壊しないこと。使う道具も化学薬品、重金属が含まれてないものを使うこと。

他にも細かい基準があって、それらをクリアして出荷されている農産物です。ブドウは、栄養成分も高く健康や美容に良いとされています。ヨーロッパではブドウだけを食べる健康法などもあるくらいで、「畑のミルク」とも呼ばれているくらいです。ブドウの成分は様々な効果がありますが、その代表が保湿効果です。そのためオーガニックシャンプーやコスメに配合されることが多く、ネイチャーズゲートのシャンプーなどは有名です。なお、ブドウの主な効能は、利尿作用、肝臓の働きをサポートし、成分中に含まれているカリウムは血圧を下げる作用があります。

また、カリウムは体の中にこもった熱を排出する作用もあるので熱中症対策にもなります。ブドウに含まれるその他の成分では、脳細胞に必要な栄養素であるブドウ糖が、疲労回復に効果を発揮し、ガンの予防や動脈硬化予防になることで有名なポリフェノールは、悪玉コレストロールが生まれるのを防ぎ、体内中の血液をきれいにしてくれます。

オーガニック

また、活性酸素を抑えル効果もあるので、ベルガモット植物成分の効能のように、善玉菌やビフィズス菌を増やして腸の働きを良くし、浄化作用のある有機酸コレストロールの減少、殺菌効果、腸内細菌を保つ作用も期待できます。整腸作用のあるペクチン、疲労回復に効果のあるビタミンB1、脳卒中や動脈硬化、心筋梗塞予防になるビタミンEとビタミンC。

脂質などのエネルギー代謝をサポートするビタミンB2、殺菌作用のあるタンニンなど、ブドウは、素晴らしい成分がぎっしり詰まっている果物なのです。また、プロリンというコラーゲンの主要成分も含まれており、肌荒れを防ぎ、肌を健康な状態へ導いてくれる効果もあります。


オーガニックシャンプー 商品ラインナップOrganic shampoo commodity lineup.

オーガニック

100%植物由来の心地良い使い心地は、ハリウッド女優やモデルなど、セレブ間でも大人気となっています。

詳細はこちら
オーガニック

こだわりのオーガニックハーブの香りや天然植物の有効成分を、惜しみなく全製品に詰め込んでいます。

詳細はこちら
オーガニック

オーガニック植物成分や天然精油を使用してるので、髪や頭皮をいたわりながら、やさしく洗いあげてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

多糖類や8種類もの天然アミノ酸を配合し、何と!顔も洗えるという、高品質のオーガニックシャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

頭皮を健やかに保ち、厳選された保湿成分が、髪の内部まで浸透し、しっとりと、うるおう髪へ導いてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

植物の力(オーガニック)やアロマセラピーの考え方によって作られた、高品質な自然派シャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

髪の成長を促進し、細く弱った髪に活力を与えるのに有効な、様々な天然植物成分が配合されています。

詳細はこちら


【オーガニック】 定義 語源 意味 基準 農法 安全性 ロハス 赤ちゃん サロン コンシェルジュ アドバイザー コスメ協会 コーディネーター マスターオーガニックコーディネーター

【オーガニック植物成分】 シアバター セージ ラベンダー ミント ダマスクローズ シャボン草 ネロリ マリーゴールド メリッサ レモン レモンバーベナ ハチミツ(蜂蜜) ミツロウ(蜜蝋) ベルガモット

 モモ(桃) ブドウ オリーブ アロエベラ 【オーガニック認定機関】 JAS ACO BDIH エコサート ネイトルー コスメビオ デメター 【オーガニックシャンプー成分】 使われる成分 1 使われる成分 2

【オーガニック製品】 原材料 香料 整肌成分 コスメ コットン オイル 化粧品の選び方 防腐方法 洗浄成分 【栽培】 無農薬 有機 【無添加】 無添加とは