オーガニック植物成分 ミントOrganic plant ingredient mint

オーガニック

オーガニック植物として知られるものにミントがあります。ミントはシソ科に分類されるハーブで、日本ではよくハッカなどと呼ばれています。ハーブとして酒やお菓子などの食品や、エッセンシャルオイルなどに使用されるほかに、漢方などの薬品やコスメティック関連商品にも使用されています。ミントというと数百以上の種類があります。

よく目にするものでは主にスペアミント類とペパーミント類に分けられます。スペアミントは甘く爽やかな香りで、ペパーミントに比べ辛みなどの刺激が少ないことが特徴です。ペパーミントは、スーっとした香りでメントールが多く含まれ、辛みが強くスペアミントを刺激的にしたような性質があります。

ミントには、ダマスクローズなど、他のハーブ同様に多くの効能、性質があります。ミントの香りは、神経疲労や興奮、うつ状態に効果的で、興奮した気持ちを落ち着け、不安を和らげます。また、刺激的な香りなので、目覚ましのきつけ目的や集中したいときに使うと効果的です。そのほかさわやかな香りから酔い止めとして使用されたり、咳や鼻詰まりの解消などにも役立ちます。

なお、ミントの成分には神経に冷たく感じさせる作用があるので、短時間ながら頭痛や筋肉痛への鎮痛剤としての効能も期待できます。また、美容目的にも使用でき、精油などには保湿や制汗効果があり、お肌の引き締めに絶大な効果があります。その上、殺菌作用があるので傷口に塗って治療薬として使用したり、虫除けに使用されます。 そんな天然のミント成分の効果をふんだんに利用して作られたオーガニックシャンプーが、WENのシャンプーです。ミントを始めとする天然の植物成分を贅沢に配合し、髪に贅沢な潤いを届けてくれます。

オーガニック

ミントは何かと刺激の強い植物なので、使用する際には注意が必要になります。精油などを使用する際は、刺激が強いので使用量を少しだけにして、使いすぎないようにしましょう。また、乾燥肌などの敏感肌に使用すると刺激が強過ぎて痛みを感じたり、痒みを生じる可能性もあります。

また、血圧を上げる効果があるので、高血圧の方への使用は控え、またその効果により、睡眠前に使用すると寝付けなくなります。特にそれらはペパーミント類で多くありますので、自分の体質などと相談しながら使用することをお勧めします。


オーガニックシャンプー 商品ラインナップOrganic shampoo commodity lineup.

オーガニック

100%植物由来の心地良い使い心地は、ハリウッド女優やモデルなど、セレブ間でも大人気となっています。

詳細はこちら
オーガニック

こだわりのオーガニックハーブの香りや天然植物の有効成分を、惜しみなく全製品に詰め込んでいます。

詳細はこちら
オーガニック

オーガニック植物成分や天然精油を使用してるので、髪や頭皮をいたわりながら、やさしく洗いあげてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

多糖類や8種類もの天然アミノ酸を配合し、何と!顔も洗えるという、高品質のオーガニックシャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

頭皮を健やかに保ち、厳選された保湿成分が、髪の内部まで浸透し、しっとりと、うるおう髪へ導いてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

植物の力(オーガニック)やアロマセラピーの考え方によって作られた、高品質な自然派シャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

髪の成長を促進し、細く弱った髪に活力を与えるのに有効な、様々な天然植物成分が配合されています。

詳細はこちら


【オーガニック】 定義 語源 意味 基準 農法 安全性 ロハス 赤ちゃん サロン コンシェルジュ アドバイザー コスメ協会 コーディネーター マスターオーガニックコーディネーター

【オーガニック植物成分】 シアバター セージ ラベンダー ミント ダマスクローズ シャボン草 ネロリ マリーゴールド メリッサ レモン レモンバーベナ ハチミツ(蜂蜜) ミツロウ(蜜蝋) ベルガモット

 モモ(桃) ブドウ オリーブ アロエベラ 【オーガニック認定機関】 JAS ACO BDIH エコサート ネイトルー コスメビオ デメター 【オーガニックシャンプー成分】 使われる成分 1 使われる成分 2

【オーガニック製品】 原材料 香料 整肌成分 コスメ コットン オイル 化粧品の選び方 防腐方法 洗浄成分 【栽培】 無農薬 有機 【無添加】 無添加とは