オーガニック植物成分 レモンOrganic plant ingredient remon

オーガニック

酸味の強い果物として有名なレモン(檸檬)もオーガニック栽培されています。レモンは、オーガニック植物のアロエベラなどと違って、葉が柔らかく害虫に限らず虫などが付きやすいため、かいよう病にかかりやすい植物です。しかし、潮風に対しては非常に強く、海岸沿いでも栽培できるのが強みで、1本の木から100個以上も収穫できます。

オーガニックで栽培されたレモンは農薬使用の輸入品や、無農薬栽培のレモンに比べて2〜3倍の価値で取引されていて、とても高価です。レモンは主に、食用、精油などにされ、コスメをはじめ、マッサージ、アロマオイルに使用されたり、そのほか多くの使用法があります。

果肉や果汁だけではなく皮も食用として利用でき、レモンピールなどの形で使用されるほか、レモンの葉も成分を抽出して精油などとして使用されています。また、レモンはビタミンCやクエン酸などが豊富に含まれているので、抗酸化作用やアンチエイジング、疲労回復効果などがあるのではと取り沙汰されていて、有機酪農などの飼料にもされています。その他、、肌に対して収斂効果や角質の除去、消毒作用などが期待できるほか、皮脂を抑えるのでオイリースキンなどに対する美容ケア用品にも使用されていて、ヘアケア製品では、naturesgateに代表されるように、オーガニックシャンプーに配合されていることも多いです。

レモンの香りは、食欲増進に効果があるほか、アロマオイルなどでは気持ちをリフレッシュさせたり、血行促進や消毒作用、ホルモン分泌調整作用など直接的な効果も期待することができます。レモンの香りは体への効果以外に、空気中の雑菌を殺菌するなどの効果があり、デオドラント製品に使用されることもあって、香りの原因物質であるリネモンは天然香料や洗剤成分として重宝されています。ただ、レモンは刺激が強い植物のため注意点も多くあります。例えば、アレルギー持ち以外の方でもコスメや食品問わず炎症を起こしたりすることがあります。

オーガニック

レモンを使用した製品の多量使用は厳禁ですし、化粧品などでは敏感肌の方は特に注意が必要になってきます。また、レモンが主原料の製品を肌に使用した場合、光感作用があるので12時間以内に強い日光に当たるとシミなどの原因となりますので注意しましょう。その他、レモンの果肉や果汁を直接使用した美容法などありますが、シミや肌荒れの原因となるので実行しないで下さい。

オーガニック=安全の概念があるため、最近はこのような健康被害が少し増えたようなので、レモンに限らず使用には注意したいところです。このように注意点も多いですが、れもんは正しく使用すれば良い効果が期待できるので、上手に利用したいものです。


オーガニックシャンプー 商品ラインナップOrganic shampoo commodity lineup.

オーガニック

100%植物由来の心地良い使い心地は、ハリウッド女優やモデルなど、セレブ間でも大人気となっています。

詳細はこちら
オーガニック

こだわりのオーガニックハーブの香りや天然植物の有効成分を、惜しみなく全製品に詰め込んでいます。

詳細はこちら
オーガニック

オーガニック植物成分や天然精油を使用してるので、髪や頭皮をいたわりながら、やさしく洗いあげてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

多糖類や8種類もの天然アミノ酸を配合し、何と!顔も洗えるという、高品質のオーガニックシャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

頭皮を健やかに保ち、厳選された保湿成分が、髪の内部まで浸透し、しっとりと、うるおう髪へ導いてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

植物の力(オーガニック)やアロマセラピーの考え方によって作られた、高品質な自然派シャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

髪の成長を促進し、細く弱った髪に活力を与えるのに有効な、様々な天然植物成分が配合されています。

詳細はこちら


【オーガニック】 定義 語源 意味 基準 農法 安全性 ロハス 赤ちゃん サロン コンシェルジュ アドバイザー コスメ協会 コーディネーター マスターオーガニックコーディネーター

【オーガニック植物成分】 シアバター セージ ラベンダー ミント ダマスクローズ シャボン草 ネロリ マリーゴールド メリッサ レモン レモンバーベナ ハチミツ(蜂蜜) ミツロウ(蜜蝋) ベルガモット

 モモ(桃) ブドウ オリーブ アロエベラ 【オーガニック認定機関】 JAS ACO BDIH エコサート ネイトルー コスメビオ デメター 【オーガニックシャンプー成分】 使われる成分 1 使われる成分 2

【オーガニック製品】 原材料 香料 整肌成分 コスメ コットン オイル 化粧品の選び方 防腐方法 洗浄成分 【栽培】 無農薬 有機 【無添加】 無添加とは