オーガニック植物成分 レモンバーベナOrganic plant ingredient remonbarbena

オーガニック

オーガニックとは「有機栽培」の意味で化学肥料や農薬を一切使わないで植物を育てるということです。オーガニックで育てた植物のレモンバーベナは、さまざまな効能があり、その昔、ヨーロッパでは魔女の作った愛の媚薬とも呼ばれていました。香りは柑橘系のレモン成分に似ていて、心身ともにリフレッシュする爽やかな香りで、香料やスパイスとしても使われています。

レモンバーベナは、南アメリカ、アルジェリア、アンデス山脈現地の植物で、1784年、スペイン人がヨーロッパに持ち込まれた時から、リラックス効果のある飲み物として愛され続けています。元はディナーの時に使われるフィンガーボールの香りをつけるために使われていました。

現在では、ワインとレモンバーベナのハーブティーを混ぜて鎮静剤のような飲み物として用いられています。レモンバーベナは寒さに弱い落葉低木で、科名はクマツヅラ科、夏には小さな白い花が枝の先に咲いています。葉の部分がよく使用されていて、強い香りを放つメリッサの植物成分ように、ポプリにすると2〜3年ほどは香りが持ちます。

フランス語で別名「ヴェルヴェーヌ」とも呼ばれており、フランス人が愛してやまないハーブティーです。他の植物成分との相性もよく、特にミントやローズマリー、マジョラムのハーブとの相性は抜群です。和名では「コウスイボク」と呼ばれ、その名の通り香水の原料にもなります。シャンプーやコスメなどにもよく使用され、レモンバーベナの成分使ったオーガニック製品で有名なのが、ジョンマスターです。今なら、心地良い使用感を体験できるジョンマスター トライアルのキャンペーンを実施しています。

オーガニック

なお、レモンバーベナは、さまざまな効能をもつことでも知られています。リラックス・リフレッシュ・効果・消化不良を和らげる・むくみ解消・不眠症改善、気管支炎・鼻づまりの緩和・皮脂バランスを整える・血行促進の効果が期待できます。また、成分が胆汁の分泌に働きかけてくれるので、脂肪の消化を助けてくれます。その他にも、のどの炎症や風邪にも効いて、偏頭痛にも効果があります。

成分の利用法は、ハーブティーだけではなく魚、鶏肉の料理、ジャムやサラダドレッシング、入浴剤にも使われているくらい幅広いです。化粧水としても利用でき、レモンバーベナの芳香蒸留水はニキビ予防にもなり、お肌を柔軟にさせてくれます。


オーガニックシャンプー 商品ラインナップOrganic shampoo commodity lineup.

オーガニック

100%植物由来の心地良い使い心地は、ハリウッド女優やモデルなど、セレブ間でも大人気となっています。

詳細はこちら
オーガニック

こだわりのオーガニックハーブの香りや天然植物の有効成分を、惜しみなく全製品に詰め込んでいます。

詳細はこちら
オーガニック

オーガニック植物成分や天然精油を使用してるので、髪や頭皮をいたわりながら、やさしく洗いあげてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

多糖類や8種類もの天然アミノ酸を配合し、何と!顔も洗えるという、高品質のオーガニックシャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

頭皮を健やかに保ち、厳選された保湿成分が、髪の内部まで浸透し、しっとりと、うるおう髪へ導いてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

植物の力(オーガニック)やアロマセラピーの考え方によって作られた、高品質な自然派シャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

髪の成長を促進し、細く弱った髪に活力を与えるのに有効な、様々な天然植物成分が配合されています。

詳細はこちら


【オーガニック】 定義 語源 意味 基準 農法 安全性 ロハス 赤ちゃん サロン コンシェルジュ アドバイザー コスメ協会 コーディネーター マスターオーガニックコーディネーター

【オーガニック植物成分】 シアバター セージ ラベンダー ミント ダマスクローズ シャボン草 ネロリ マリーゴールド メリッサ レモン レモンバーベナ ハチミツ(蜂蜜) ミツロウ(蜜蝋) ベルガモット

 モモ(桃) ブドウ オリーブ アロエベラ 【オーガニック認定機関】 JAS ACO BDIH エコサート ネイトルー コスメビオ デメター 【オーガニックシャンプー成分】 使われる成分 1 使われる成分 2

【オーガニック製品】 原材料 香料 整肌成分 コスメ コットン オイル 化粧品の選び方 防腐方法 洗浄成分 【栽培】 無農薬 有機 【無添加】 無添加とは