オーガニック植物成分 シャボン草Organic plant ingredient shabonsou

オーガニック

オーガニックシャンプーなどの界面活性剤として使用される植物の一つに、シャボン草(サボン草)があります。シャボン草は主にヨーロッパに生息するナデシコ科の雑草で、近世から日本でも自生している植物です。シャボン草は、「洗濯屋のハーブ」とも呼ばれるくらいで、含有成分のサポニンという成分によって抽出液に起泡効果があります。

シャボン玉などの「シャボン」も、このシャボン草の特徴が語源となっています。ヨーロッパでは古来から様々なものに対して洗浄成分として使用されてきました。現在ではその効果からシャンプーやボディーソープ、石けんなどの製品に多く使用されています。

従来のシャンプーやボディーソープには、ラウリル硫酸などの洗浄効果は高い代わりに、皮膚の炎症など人体への悪影響があるものが使用されてきました。オーガニックシャンプーなどでは起泡剤として化学製品を使うことはできないので、シャボン草のサポニンは人体に影響の少ない天然の界面活性剤として現在では大変重宝されています。例えば、オーガニックシャンーのネイチャーズゲートなどは、シャボン草配合で髪をやさしく洗い上げると口コミでも人気となっています。

シャボン草に含まれるサポニンは、起泡剤として持続性の泡を発生し、汚れを落とす効果があるほか、皮脂調節や角質除去、フケの改善、湿疹やアトピー性皮膚炎などの改善する効能があるとされています。また、シャンプーなどの製品に使用される場合、他のオーガニック原料と併用することで相乗効果を発揮するといわれています。ただ、欠点として、単品ではあまり洗浄力がないこと、少し高価であることがあります。

オーガニック

多くの製品ではその欠点を補うためにヤシ油などの洗浄力のあるものと併用して洗浄の効果を補い、成分含有比率を調整して価格を下げる努力をしているところが多いようです。また、シャボン草ですが、これらの用途以外に園芸があります。シャボン草は、育成は難しいものではなく、通常の栽培法でも有機栽培でもよく成長するため大変人気があります。

オーガニックな自然栽培で園芸して、成長したものをオーガニックコスメに使用する園芸家もいるそうです。しかし、手作りコスメにしてもこのやり方は安全とは言えませんし、健康被害もあり、園芸家に注意を出す機関もあるそうなので、園芸品として育てるだけにするのが無難なようです。


オーガニックシャンプー 商品ラインナップOrganic shampoo commodity lineup.

オーガニック

100%植物由来の心地良い使い心地は、ハリウッド女優やモデルなど、セレブ間でも大人気となっています。

詳細はこちら
オーガニック

こだわりのオーガニックハーブの香りや天然植物の有効成分を、惜しみなく全製品に詰め込んでいます。

詳細はこちら
オーガニック

オーガニック植物成分や天然精油を使用してるので、髪や頭皮をいたわりながら、やさしく洗いあげてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

多糖類や8種類もの天然アミノ酸を配合し、何と!顔も洗えるという、高品質のオーガニックシャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

頭皮を健やかに保ち、厳選された保湿成分が、髪の内部まで浸透し、しっとりと、うるおう髪へ導いてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

植物の力(オーガニック)やアロマセラピーの考え方によって作られた、高品質な自然派シャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

髪の成長を促進し、細く弱った髪に活力を与えるのに有効な、様々な天然植物成分が配合されています。

詳細はこちら


【オーガニック】 定義 語源 意味 基準 農法 安全性 ロハス 赤ちゃん サロン コンシェルジュ アドバイザー コスメ協会 コーディネーター マスターオーガニックコーディネーター

【オーガニック植物成分】 シアバター セージ ラベンダー ミント ダマスクローズ シャボン草 ネロリ マリーゴールド メリッサ レモン レモンバーベナ ハチミツ(蜂蜜) ミツロウ(蜜蝋) ベルガモット

 モモ(桃) ブドウ オリーブ アロエベラ 【オーガニック認定機関】 JAS ACO BDIH エコサート ネイトルー コスメビオ デメター 【オーガニックシャンプー成分】 使われる成分 1 使われる成分 2

【オーガニック製品】 原材料 香料 整肌成分 コスメ コットン オイル 化粧品の選び方 防腐方法 洗浄成分 【栽培】 無農薬 有機 【無添加】 無添加とは