オーガニック製品の防腐方法Organic preservation from decay method

オーガニック

従来の化粧品などの製品には、製品を長持ちさせるためにパラベンやフェノールなどの化学合成物質の防腐剤が使用されてきました。しかし、これらの成分はアレルギーや湿疹などの肌障害や、けい皮毒、環境ホルモンとしての悪影響があり、現在でも問題視されています。

オーガニック製品には、当然これらの化学合成物質の防腐剤は使用されませんが、従来の製品より著しく使用可能期限が短くなってしまうという欠点があります。それらの欠点を補うため、オーガニック製品には様々な防腐対策が考案されています。オーガニック成分の中には防腐効果や製品に対する殺菌、静菌効果があるものが存在し、それらは天然の防腐剤として重宝されています。

天然の防腐剤の例として、ローズマリーエキス、ティーツリー油、ヒノキチオールなどがあり、様々なオーガニック製品に使用されています。これらの成分は、体への悪影響が少なく、安心して使用でき、また、防腐剤の中には抗炎症、消炎作用が認められるものもあり、防腐効果以外の効果も期待できます。また、成分による防腐処理のほかには、光を用いたものもあります。

太陽光などには殺菌効果があることは有名ですが、これらの原理を用いて、製品の殺菌や防腐処理を行うわけです。この方法は、余計な成分を入れる必要がないので、製造コストが抑えることができる利点があり、もちろん、成分を変化させるような光線は使用を禁止されているので安心です。しかしこの方法は、それほど発展、普及が進んでなく、静菌効果がないことが欠点です。

オーガニック

現在、この二つが主流の防腐処理となっていますが、製品にはオーガニック認定基準や様々な規制がかかるので、一般に用いられる防腐処理が使えないことが多いです。技術が進んで新たな防腐処理方法が生み出されつつありますが、まだ実用に至らないものが多くなってます。

なお、オーガニック製品の防腐処理による効果は、オーガニック以外の製品などに用いられる防腐処理よりも弱いので、いくら成分なとによる防腐処理がされているとはいえ、通常のオーガニック製品と同じように、早めに使い切ることを心掛けたほうが良いと思います。


オーガニックシャンプー 商品ラインナップOrganic shampoo commodity lineup.

オーガニック

100%植物由来の心地良い使い心地は、ハリウッド女優やモデルなど、セレブ間でも大人気となっています。

詳細はこちら
オーガニック

こだわりのオーガニックハーブの香りや天然植物の有効成分を、惜しみなく全製品に詰め込んでいます。

詳細はこちら
オーガニック

オーガニック植物成分や天然精油を使用してるので、髪や頭皮をいたわりながら、やさしく洗いあげてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

多糖類や8種類もの天然アミノ酸を配合し、何と!顔も洗えるという、高品質のオーガニックシャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

頭皮を健やかに保ち、厳選された保湿成分が、髪の内部まで浸透し、しっとりと、うるおう髪へ導いてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

植物の力(オーガニック)やアロマセラピーの考え方によって作られた、高品質な自然派シャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

髪の成長を促進し、細く弱った髪に活力を与えるのに有効な、様々な天然植物成分が配合されています。

詳細はこちら


【オーガニック】 定義 語源 意味 基準 農法 安全性 ロハス 赤ちゃん サロン コンシェルジュ アドバイザー コスメ協会 コーディネーター マスターオーガニックコーディネーター

【オーガニック植物成分】 シアバター セージ ラベンダー ミント ダマスクローズ シャボン草 ネロリ マリーゴールド メリッサ レモン レモンバーベナ ハチミツ(蜂蜜) ミツロウ(蜜蝋) ベルガモット

 モモ(桃) ブドウ オリーブ アロエベラ 【オーガニック認定機関】 JAS ACO BDIH エコサート ネイトルー コスメビオ デメター 【オーガニックシャンプー成分】 使われる成分 1 使われる成分 2

【オーガニック製品】 原材料 香料 整肌成分 コスメ コットン オイル 化粧品の選び方 防腐方法 洗浄成分 【栽培】 無農薬 有機 【無添加】 無添加とは