オーガニック製品の洗浄成分organic washing ingredient

オーガニック

オーガニック成分の中には、洗浄効果や起泡効果があるものがあって、オーガニックシャンプーを始め、ボディーソープ、洗顔料に使用されています。これらの洗浄成分は、従来の洗浄成分のような体へのけい皮毒、アレルギー反応が起こりづらく、体にやさしい成分として重宝されています。

洗浄効果のあるオーガニック成分の原料には、ベタイン、コカミドプロビルベタイン、ホホバ油、サポン草、ヌカエキスなどや、クレイなどの鉱物があげられ、シャボン草の気泡効果は有名です。天然の洗浄成分は身体への悪影響が少くないので、敏感肌や乾燥肌などトラブル肌で悩んでいる方やアレルギー体質の方でもリスクが少なく、安心して製品を使用することができます。

これらの成分は、安全で一定の洗浄効果が認められていますが、そのほかにも注目したい特徴があります。天然の洗浄成分の多くは、洗浄効果や起泡効果以外にも、お肌や髪の保湿や保護、皮脂の調節、髪の軟化、育毛、ダメージケア効果など使用者には嬉しい効果が多くあります。ただ、多くのメリットが魅力的な天然の洗浄成分ですが、注意したいこともいくつかあります。

従来の製品に使用される洗浄成分は、効果が強すぎるとも言えるのですが、天然の洗浄成分は洗浄効果が弱い傾向にあります。そのため天然成分への過度な期待は禁物です。また、洗浄効果以外にも魅力的な効果がいろいろありますが、効果による弊害も考えられます。

オーガニック

成分によっても違いはありますが、さまざまな効果があるということは、それだけ不純物が存在するともいえます。通常なら、それらのことが悪いとは言えませんが、人によっては複数の有効成分の中にアレルギー反応を起こすものがごく稀にあるので、一応注意したほうがいいでしょう。

また、オーガニックシャンプー(organicshampoo)をはじめ、オーガニック製品には合成界面活性剤が使用されていないと誤解している人もいますが、オーガニックシャンプーやオーガニック石けんなどでも、合成界面活性剤が使用されることが多いのが現状です。とはいっても、オーガニック製品の原料は天然由来であり、身体への悪影響がないものなので安心して使用できるでしょう。


オーガニックシャンプー 商品ラインナップOrganic shampoo commodity lineup.

オーガニック

100%植物由来の心地良い使い心地は、ハリウッド女優やモデルなど、セレブ間でも大人気となっています。

詳細はこちら
オーガニック

こだわりのオーガニックハーブの香りや天然植物の有効成分を、惜しみなく全製品に詰め込んでいます。

詳細はこちら
オーガニック

オーガニック植物成分や天然精油を使用してるので、髪や頭皮をいたわりながら、やさしく洗いあげてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

多糖類や8種類もの天然アミノ酸を配合し、何と!顔も洗えるという、高品質のオーガニックシャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

頭皮を健やかに保ち、厳選された保湿成分が、髪の内部まで浸透し、しっとりと、うるおう髪へ導いてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

植物の力(オーガニック)やアロマセラピーの考え方によって作られた、高品質な自然派シャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

髪の成長を促進し、細く弱った髪に活力を与えるのに有効な、様々な天然植物成分が配合されています。

詳細はこちら


【オーガニック】 定義 語源 意味 基準 農法 安全性 ロハス 赤ちゃん サロン コンシェルジュ アドバイザー コスメ協会 コーディネーター マスターオーガニックコーディネーター

【オーガニック植物成分】 シアバター セージ ラベンダー ミント ダマスクローズ シャボン草 ネロリ マリーゴールド メリッサ レモン レモンバーベナ ハチミツ(蜂蜜) ミツロウ(蜜蝋) ベルガモット

 モモ(桃) ブドウ オリーブ アロエベラ 【オーガニック認定機関】 JAS ACO BDIH エコサート ネイトルー コスメビオ デメター 【オーガニックシャンプー成分】 使われる成分 1 使われる成分 2

【オーガニック製品】 原材料 香料 整肌成分 コスメ コットン オイル 化粧品の選び方 防腐方法 洗浄成分 【栽培】 無農薬 有機 【無添加】 無添加とは