オーガニックの整肌成分Organic ready skin

オーガニック

オーガニック製品に使用される成分のなかには、整肌効果のある成分がたくさんあり、オーガニックコスメや化粧水に多く使用されています。これらの成分には様々な種類がありますが、成分ごとの効果を把握していれば、製品購入の目安となるため便利です。例を上げますと、オーガニック化粧水によく使用される成分に、天然香料としても有名なバラエキスがあります。

バラエキスはバラから抽出したエキスで、バラ油とバラ抽出液を指します。特にバラ油は、ほとんどの肌質に使用でき、保湿、抗炎症などの効果が期待でき、敏感肌や乾燥肌に対して特に効果があります。また、肌の代謝や血行を促進し、アンチエイジング効果も認められています。

カモミールから抽出された製油は、以前からハンドクリームなどのクリーム類に多く使用されています。抗炎症作用があって、アレルギーや湿疹、乾燥・敏感肌に効果があります。その他、肌を保護し、化粧や乾燥でダメージを受けた肌を回復させます。また、この成分はニキビなどの吹き出物の治療や予防にも効果があり、殺菌作用もあるため製品の使用期間を長くする効果があります。

オーガニック

生薬として有名なドクダミにもお肌への有効な効果が認められています。高い殺菌効果が期待できるドクダミですが、肌の修復効果が高く、肌荒れ、ニキビなどを治癒し、正常な肌へと回復させます。また、肌の細胞を回復、保護し、殺菌効果とともにお肌の健康を守ります。

整肌作用の目的で使用されることはあまりありませんが、保湿効果を考慮するならホホバ油というものがあります。シャンプーなどの頭髪関連の製品によく使用され、成分の洗浄効果もある上、保湿効果は他の成分より高く、乾燥肌用のクリームや化粧品にも使用されることがあります。また、保湿と同時に肌に保護膜を形成し、ダメージを受けにくい肌にする効果があります。


オーガニックシャンプー 商品ラインナップOrganic shampoo commodity lineup.

オーガニック

100%植物由来の心地良い使い心地は、ハリウッド女優やモデルなど、セレブ間でも大人気となっています。

詳細はこちら
オーガニック

こだわりのオーガニックハーブの香りや天然植物の有効成分を、惜しみなく全製品に詰め込んでいます。

詳細はこちら
オーガニック

オーガニック植物成分や天然精油を使用してるので、髪や頭皮をいたわりながら、やさしく洗いあげてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

多糖類や8種類もの天然アミノ酸を配合し、何と!顔も洗えるという、高品質のオーガニックシャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

頭皮を健やかに保ち、厳選された保湿成分が、髪の内部まで浸透し、しっとりと、うるおう髪へ導いてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

植物の力(オーガニック)やアロマセラピーの考え方によって作られた、高品質な自然派シャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

髪の成長を促進し、細く弱った髪に活力を与えるのに有効な、様々な天然植物成分が配合されています。

詳細はこちら


【オーガニック】 定義 語源 意味 基準 農法 安全性 ロハス 赤ちゃん サロン コンシェルジュ アドバイザー コスメ協会 コーディネーター マスターオーガニックコーディネーター

【オーガニック植物成分】 シアバター セージ ラベンダー ミント ダマスクローズ シャボン草 ネロリ マリーゴールド メリッサ レモン レモンバーベナ ハチミツ(蜂蜜) ミツロウ(蜜蝋) ベルガモット

 モモ(桃) ブドウ オリーブ アロエベラ 【オーガニック認定機関】 JAS ACO BDIH エコサート ネイトルー コスメビオ デメター 【オーガニックシャンプー成分】 使われる成分 1 使われる成分 2

【オーガニック製品】 原材料 香料 整肌成分 コスメ コットン オイル 化粧品の選び方 防腐方法 洗浄成分 【栽培】 無農薬 有機 【無添加】 無添加とは