普通のシャンプーとの違いDifference compared with usual shampoo.

オーガニック

普通のシャンプーと違い、無農薬で化学肥料を一切使わずに、自然の大地で作られた植物成分を原料に製品化したシャンプーをオーガニックシャンプーと呼びます。

なお、海外のオーガニックシャンプーは、本当に無農薬がどうか、オーガニック認定機関が認定してくれますが、各ブランド独自の基準で「オーガニックシャンプー」と言われることがあります。

なお、日本のオーガニックですが、食品とは違って、シャンプーとしてオーガニック認定を受けることができないため、日本製は各社で独自の無農薬栽培によって作られています。


頭皮や髪に使うものだから安心できるものをPossible to be relieved.

オーガニック

多くのシャンプーには、髪や頭皮はもちろんのこと、身体に良くないとされる合成界面活性剤をはじめとする、石油から由来している合成成分や化学的な物質が多く含まれています。

使い続けていくと、頭皮や髪、素肌にもダメージを与えて、かゆみなどの原因にもなりますし、頭皮に蓄積されれば、アレルギーなどの疾患につながる可能性もあります。

そこで、髪や頭皮に安全で安心して使えるシャンプーとは何か??それは、オーガニックの語源でもある「ORIGIN」。つまり、頭皮や髪はもちろんのこと、身体、そして地球環境にも優しい植物本来の成分、原料を使ってつくられた、オーガニック シャンプーということになるのです。


【オーガニック】 定義 語源 意味 基準 農法 安全性 ロハス 赤ちゃん サロン コンシェルジュ アドバイザー コスメ協会 コーディネーター マスターオーガニックコーディネーター

【オーガニック植物成分】 シアバター セージ ラベンダー ミント ダマスクローズ シャボン草 ネロリ マリーゴールド メリッサ レモン レモンバーベナ ハチミツ(蜂蜜) ミツロウ(蜜蝋) ベルガモット

 モモ(桃) ブドウ オリーブ アロエベラ 【オーガニック認定機関】 JAS ACO BDIH エコサート ネイトルー コスメビオ デメター 【オーガニックシャンプー成分】 使われる成分 1 使われる成分 2

【オーガニック製品】 原材料 香料 整肌成分 コスメ コットン オイル 化粧品の選び方 防腐方法 洗浄成分 【栽培】 無農薬 有機 【無添加】 無添加とは