有機栽培Organic agriculture

オーガニック

自然派化粧品や自然派シャンプーが流行っているのもあって、有機栽培された農産物に対する注目が集まっています。有機栽培とは、農作物の生産中に化学農薬や化学肥料を使用せず、自然の栄養や有機肥料などを使用した栽培方法のことで、化学薬品等を使用しないためそれらの農作物は、自然に育成された作物に限りなく近い状態で出荷できます。

それら農作物は化学肥薬品などから由来する毒素や作物の性質変化のリスクを減らすことができるため、安全性が評価されています。有機作物として売り出すには指定された機関からの認定が必要となり、有機作物として認められるには多くのチェック項目をクリアしなければなりません。

また、有機作物と認められても1年ごとに更新審査があり、違反があった場合は有機作物として売り出す権利をはくだつされ、罰則を受けます。もともと認められていないにも関わらず、有機作物を騙って売り出した際も、もちろん罰則を受けます。有機作物は第三者からの厳しい審査を通されてから販売されるため、消費者は安心して商品を購入することができるわけです。

なお、有機栽培の他にも安全なイメージがある栽培法として、無農薬栽培や無化学肥料栽培といった栽培法があります。無農薬栽培というものは、指定された以外の化学合成農薬を一切使用せずに栽培し、農薬における危険性を減らしたものです。その点では安心できますが、化学肥料などを使用することは可能となっています。

オーガニック

無化学肥料栽培はその逆で、化学肥料は使用できませんが、有機肥料や農薬は使用することができますが、そのほかに減農薬などの表示もあり、消費者を混乱させます。ただ、無農薬栽培、無化学肥料栽培に共通して言えるのことは、有機栽培のように審査がありません。

そのため有機栽培と比べて、安全性には疑問が残ります。ガイドラインなどはあるのですが、法的拘束力はないので、やはりこれらの農産物は有機作物のように信頼できるものとは言えないようです。、購入する際は少し注意してみるといいでしょう。


オーガニックシャンプー 商品ラインナップOrganic shampoo commodity lineup.

オーガニック

100%植物由来の心地良い使い心地は、ハリウッド女優やモデルなど、セレブ間でも大人気となっています。

詳細はこちら
オーガニック

こだわりのオーガニックハーブの香りや天然植物の有効成分を、惜しみなく全製品に詰め込んでいます。

詳細はこちら
オーガニック

オーガニック植物成分や天然精油を使用してるので、髪や頭皮をいたわりながら、やさしく洗いあげてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

多糖類や8種類もの天然アミノ酸を配合し、何と!顔も洗えるという、高品質のオーガニックシャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

頭皮を健やかに保ち、厳選された保湿成分が、髪の内部まで浸透し、しっとりと、うるおう髪へ導いてくれます。

詳細はこちら
オーガニック

植物の力(オーガニック)やアロマセラピーの考え方によって作られた、高品質な自然派シャンプーです。

詳細はこちら
オーガニック

髪の成長を促進し、細く弱った髪に活力を与えるのに有効な、様々な天然植物成分が配合されています。

詳細はこちら


【オーガニック】 定義 語源 意味 基準 農法 安全性 ロハス 赤ちゃん サロン コンシェルジュ アドバイザー コスメ協会 コーディネーター マスターオーガニックコーディネーター

【オーガニック植物成分】 シアバター セージ ラベンダー ミント ダマスクローズ シャボン草 ネロリ マリーゴールド メリッサ レモン レモンバーベナ ハチミツ(蜂蜜) ミツロウ(蜜蝋) ベルガモット

 モモ(桃) ブドウ オリーブ アロエベラ 【オーガニック認定機関】 JAS ACO BDIH エコサート ネイトルー コスメビオ デメター 【オーガニックシャンプー成分】 使われる成分 1 使われる成分 2

【オーガニック製品】 原材料 香料 整肌成分 コスメ コットン オイル 化粧品の選び方 防腐方法 洗浄成分 【栽培】 無農薬 有機 【無添加】 無添加とは